Wookieepedia
Advertisement

ダンドゥ3(Dhandu 3)は惑星ダンドゥ軌道を巡る第3衛星である。[2] 銀河系エクスパンション・リージョンに属した。[1] 飛べない鳥類知覚種族ダンドゥイーズ母星。またダンドゥ3にはターロッサスと呼ばれる6本の超巨大爬虫類動物が生息していた。ターロッサスは食で、群れで草原を大移動するため、地表の建物は彼らに潰されてしまう危険があった。そこでダンドゥイーズはターロッサスの平たい甲羅の上に都市を築き、まるで草原の上を移動しているかのように見える街を作り出した。[2]

ダンドゥ3は極めて重力が弱く、星外からの訪問者が安全に歩くには足に重力ウェイトをつける必要があった。しかし住民のダンドゥイーズはのようなつまさきを地面に食い込ませることができるため、ウェイトなしで移動できた。帝国時代密輸業者ハン・ソロチューバッカ海賊ホンドー・オナカーは、マージョ・リールーの依頼を引き受け、グウォンディーン地下金庫の鍵を手に入れるためダンドゥ3を訪れた。彼らはダンドゥ3のパビリオンでジェイヤー・ル=ウェスが所有する鍵を盗んだ後、トランク・アダーマッシュとの遭遇をしのいで<ミレニアム・ファルコン>で脱出した。[2]

制作の舞台裏

ダンドゥ3は2019年に発売された正史のジュニア・ノベル『海賊価格』(ルー・アンダース著)で初めて登場した。[2]

登場作品

脚注

他言語版
Advertisement