Fandom


「聞いたことがないのも当然だ。この惑星はごく最近まで辺境の、まったく重要性の低い星だったからだ」
コシュ[出典]

ダンドラン(Dandoran)はハット・スペースドラン星系に属した緑との地形が広がる惑星である。タトゥイーンの近くにあった。長年にわたり、密輸業者の隠れ家やギャンブルの中心地として栄えた。

歴史

Dandoran forest

ダンドランの自然

帝国時代ジョハール・ケッセン帝国元老院でダンドランの代表議員を務めていた。彼はならず者たちが集まるこの星で広い人脈を築き上げ、ホスの戦い以前に議員を廃業していた。ヤヴィンの戦い以降、ダンドランは銀河内戦の戦場になった。傭兵サポンザ彼の相棒がダンドランでカルテルとの戦いに参加した。間もなく、ダンドランで銀河帝国共和国再建のための同盟の紛争が始まった。

銀河内戦中、ダンドランの南の大陸にあった帝国軍の秘密研究施設で事件が起きた。この施設では不死の研究が行われ、ブラックウイングと呼ばれるウイルスが開発されたが、その結果生まれたデス・トルーパーが暴走して制御できなくなってしまったのである。サポンザとその相棒は、デス・トルーパーの脅威が銀河系全域に拡散する前に根絶する任務を与えられた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。