Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

ダーク・ディサイプル』(原題:Dark Disciple)は2015年7月7日に発売された正史の小説。クリスティ・ゴールデン著。クローン戦争の終盤、アサージ・ヴェントレスクインラン・ヴォスの活躍を描く。

この小説は、TVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』が打ち切りになったことで未完成に終わったエピソードを基にしたマルチメディア作品群、『クローン・ウォーズ レガシー』に属している。小説の序文は『クローン・ウォーズ』で脚本も務めたケイティ・ルーカスが書いている。

原作となったエピソード

『ダーク・ディサイプル』の基となった『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』未完成エピソードのタイトル(仮題)は以下の通り:

  • Lethal Alliance(危険な同盟)
  • The Mission(任務)
  • Conspirators(共謀者)
  • Dark Disciple(闇の門弟)
  • Saving Vos Part I(ヴォスの救出 パート1)
  • Saving Vos Part II(ヴォスの救出 パート2)
  • Traitor(裏切り者)
  • The Path(道)

あらすじ

クローン戦争が激化する中、ジェダイ評議会ドゥークー伯爵抹殺を決定する。その任務は、ジェダイ・ナイトのクインラン・ヴォスと、かつてのドゥークーの弟子アサージ・ヴェントレスがペアであたることとなった。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。