Fandom


「これを知っておくこと。弟子はいつか師を殺す」
ダース・ベイン[出典]

ダース・ザナー(Darth Zannah)は、幼少期にはレイン(Rain)というニックネームで知られた人間女性で、シスの暗黒卿惑星ソモヴ・リットに生まれたレインは、ジェダイアーミー・オブ・ライトの一員として新シス戦争ルーサン戦役に参加することになったが、惑星ルーサンに到着した後に仲間たちからはぐれてしまった。ジェダイはレインが死んだと思い込んだが、彼女は原住民のバウンサーラーによって命を救われていた。その後、シス軍のブラザーフッド・オブ・ダークネスが惑星全体にフォースの嵐を放った際、レインは本能的にフォース・エネルギーのバブルを創り出し、自分とラーの身を守った。それから間もなく、ラーがジェダイの偵察兵に殺されるのを目撃したレインは、怒りと悲しみに駆られ、無意識にフォースのダークサイドに転向し、ジェダイを殺害した。暗黒卿の最後の生き残りであるダース・ベインは、この少女の才能を見出し、彼女を弟子に取った。レインは幼年期の名前を捨て、本名とシスの称号を組み合わせてダース・ザナーと呼ばれるようになった。

ザナーは惑星アンブリアで訓練を受け、古代のシス魔術を学んだ。ザナーはベインの下で様々な任務をこなし、銀河共和国を妨害するための無政府主義運動、反共和国解放戦線(ARLF)の活動を扇動した。しかし、ARLFによるターサス・ヴァローラム最高議長誘拐計画は失敗に終わった。ザナーはARLFの指導者であるヘットンからホロクロンの創造方法に関する情報を聞き出した。ザナーの策略に嵌まったヘットンは、ベインによって殺害された。その後、ザナーはベインを苦しめていた寄生生物オーバリスクに関する情報を集めるため、コルサントジェダイ・テンプルにあるアーカイブに潜入した。任務の途中、ザナーは同郷出身の従兄妹ダロヴィットと再会した。ザナーはダロヴィットを連れて惑星タイソンにいるベインと合流し、ジェダイの追跡チームとの戦いに備えた。シスの師弟は数で勝るジェダイを皆殺しにしたが、ベインはこの戦いで重傷を負った。ザナーはベインを連れてアンブリアに戻り、ケイレブという名の治療師にシス・マスターを回復させるよう命じた。ケイレブは、シス卿の存在をジェダイに通報するという条件で依頼を引き受けたが、ザナーは治療が終わった後でケイレブを殺害した。ザナーはフォースの力でダロヴィットを発狂させ、通報を受けて駆け付けたジェダイと戦わせた。ジェダイはダロヴィットを殺し、この狂人がシス卿の最後の生き残りだと勘違いして去っていった。全ての目撃者が死んだことで、ダース・ザナーとベインの存在は完全に隠された。

シウトリックIVに移ってから10年の間に、ザナーは師匠であるベインにも匹敵する優れたシスの魔術師に成長した。しかし、ザナーが暗黒卿の称号を求めて挑戦して来なかったため、ベインは弟子に進取の精神が欠けていると判断した。しかし、ザナーは既にベインの打倒を考え始めていた。ザナーはドーアンの任務でセト・ハースという名のダーク・ジェダイの存在を知り、この若者を弟子にとった。ザナーはハースを連れてシウトリックIVに戻り、師匠に挑もうとしたが、ベインはドーアン・ロイヤル・ガードによって捕えられていた。彼女はドーアンへ戻り、ベインが閉じ込められている施設に潜入した。彼女はベインとの対決に臨んだが、両者とも監獄から脱出する必要に迫られ、戦いは引き分けに終わった。間もなく、ベイン(この頃、彼はイクトッチイダース・コグナスを新しい弟子にしていた)はザナーをアンブリアに呼びつけ、師弟の最後の対決が始まった。始めこそベインの攻撃に圧されたザナーだったが、魔術を使って形勢を逆転させた。敗北したベインは、精神移動の技でザナーの肉体を乗っ取ろうとしたが、ザナーは彼の精神をダークサイドの虚空へ引きずり込んだ。その後、ザナーはコグナスを弟子に取り、ベインの遺産を引き継いで新たなる暗黒卿となった。

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。