Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「残念だよ。よい影武者は得がたいものなのに」
―影武者の死後、ダース・シディアス[出典]

銀河内戦当時、銀河帝国皇帝ダース・シディアス人間男性影武者が仕えていた。0 ABYヤヴィンの戦いの後、この人物は間もなく処刑される予定の反体制派元老院議員たちと面会するため、本物のシディアスの代わりに惑星コルサントアース=エノ刑務所へ出向いた。反体制派議員たちの救出任務を遂行していた共和国再建のための同盟スパイエネブ・レイは、“皇帝”がじきじきに刑務所を訪問予定であることを知り、コルサントに潜入している全ての反乱軍工作員を集めてほしいとプリンセスレイア・オーガナに要請した。しかしそれこそがシディアスの真の狙いだった。

皇帝の影武者はロイヤル・ガードの一団を引き連れ、刑務所内にある広間で議員たちの到着を待ったが、彼の前に姿を表したのはエネブ・レイを含む6人の反乱軍工作員だった。ロイヤル・ガードやストームトルーパーが次々と倒されていくなか、影武者は脱出装置を使って逃亡を図ったが、エネブは刑務所の屋上まで執拗に後を追い、ブラスターで影武者を撃ち殺した。その直後、本物の皇帝はアース=エノ刑務所をまるごと破壊して反体制派の議員とエネブ以外の反乱軍スパイを皆殺しにした。一連の事件はみな、皇帝がコルサントの反乱軍スパイを一網打尽にするために仕組んだ策略だったのである。

経歴

皇帝の影武者

「トゥラル議員。またあえて嬉しいぞ。近う寄るがよい。長年の交友を考えれば、直接別れを告げるべきだろうと思うてな…」
―ダース・シディアスの影武者[出典]
Eneb and Sidious body double

反体制派議員に紛争した反乱軍スパイと対面する影武者

帝国時代、この人物は銀河帝国に仕え、銀河皇帝ダース・シディアスの影武者を務めていた。彼の任務は、本物の皇帝の身代わりとして危険が予想される場所へ出向くことだった。0 ABYヤヴィンの戦いが発生した後、シディアスの影武者は首都惑星コルサントにあるアース=エノ刑務所へ送り込まれた。当時、刑務所ではナデア・トゥラルをはじめとする反体制派元老院議員たちの処刑が予定されていた。本物のシディアスは、“皇帝”が自ら処刑前の議員たちの前に顔を出すことで、コルサントに潜入している反乱同盟スパイが自分を殺すために馬脚を現すことを期待していた。[1]

反体制派議員たちを救出するため、プリンセスレイア・オーガナの命令でアース=エノ刑務所に潜入した反乱軍スパイのエネブ・レイは、トゥラル議員から“皇帝”が刑務所を訪問予定であることを聞かされた。エネブは任務の目的をその場で変更し、同じく潜入スパイであるコリートとともにレイアに連絡をとり、皇帝を暗殺するためコルサントに潜入している全ての工作員を集めて欲しいと頼んだ。レイアは潜入工作員全滅のリスクを冒して任務を承認し、エネブとコリートを含めて7人のエージェントがアース=エノに集まった。そのうち、後方支援のコリートを除く6人が元老院議員に変装し、刑務所内の広間でダース・シディアスの影武者と謁見した。[1]

刑務所での謁見

「みんな、脱出しろ。私が片付ける」
―皇帝の影武者を追うエネブ・レイ[出典]
Arrth-Eno Royal Guard

反乱軍スパイの攻撃を受ける影武者

影武者は本物の皇帝を演じながら面会相手たちに挨拶し、処刑するまえに直接別れを言いにきたと告げた。するとエネブ・レイたちはフードを脱いで正体を現し、広間にいるストームトルーパー皇帝のロイヤル・ガードに対して一斉に銃撃を開始した。エネブは最後のロイヤル・ガードたちを制圧し、オルデランを討つと宣言して“皇帝”にブラスターを向けた。しかし影武者は玉座周辺の床に仕込まれていた上昇装置を使って脱出し、アース=エノ刑務所の屋上へ逃れた。エネブは皇帝を取り逃がすまいと、アセンション・ケーブルを上昇装置に放ち、ひとりで標的の後を追った。[1]

雨が降りしきる刑務所の屋上に出た後、影武者は降下中のラムダ級T-4aシャトルへ向かって逃げようとしたが、背後からエネブに撃たれて命を落とした。その直後、シャトルのタラップから本物のシディアスが姿を現し、影武者の死を嘆いた。エネブは自分が殺した人物が偽物であったことを知り、即座に新たな標的を攻撃したが、このシスの暗黒卿を倒すことはできなかった。シディアスはアース=エノを丸ごと爆破し、中にいた反体制派議員と反乱軍スパイたちを皆殺しにしたうえ、反乱軍によるテロ攻撃が行われたというプロパガンダ報道を行った。反乱軍の側で唯一任務を生きのびたエネブは、命からがらコルサントから脱出した。[1]

個性と特徴

「ほぅ、反乱軍か。なんとも意外であるな」
―ダース・シディアスの影武者[出典]
Sidious body double killed

ダース・シディアスの影武者の最期

この人物は白人種の人間男性で、赤と黄色のを持ち、本物のダース・シディアスとそっくりな外見だった。彼はシディアスから優れた影武者として評価されており、反乱同盟のスパイたちですら偽物であることを見抜くことはできなかった。またシディアスの影武者は反乱軍による襲撃のさなかにあっても比較的冷静であり、皇帝の身代わりという役目を忠実にこなした。この影武者はアース=エノ刑務所で自らの任務を全うし、最後まで変装を見抜かれることなくエネブ・レイによって暗殺された。その後シディアスは良い影武者を手に入れるのは難しいとエネブに語り、忠実な部下の死を嘆いた。[1]

装備

本物のダース・シディアスと同様、この影武者も黒いローブに全身を包み、フードをかぶっていた。また彼はシディアスと同じくロイヤル・ガードの一団によって護衛されていた。[1]

制作の舞台裏

ダース・シディアスの影武者は2015年12月9日に発売された正史のコミック『スター・ウォーズ アニュアル 1』(キーロン・ギレン著、アンヘル・ウンスエータ著)に登場するキャラクターである。本作は翻訳され、単行本『スター・ウォーズ:サンスポットの騒乱』に収録されている。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。