FANDOM


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

ダース・ベイダー アニュアル 2:科学技術の脅威』(原題:Darth Vader Annual 2: Technological Terror)は正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿』シリーズの読み切りである。チャック・ウェンディグ著、レオナルド・カーク画。なお、号数は旧『ダース・ベイダー』シリーズに属す『アニュアル 1』からの通算となっている。2018年7月18日マーベル・コミックから発売。未邦訳。

あらすじ

デス・スター・プロジェクトへの権限をめぐり、ダース・ヴェイダーウィルハフ・ターキンと反目する。しかし皇帝の命令でやむをえず、彼はプロジェクトを妨害している犯人を捜すことになった。惑星ジオノーシスに到着してすぐ、ヴェイダーはクレニック長官とともに何者かに命を狙われる。ターキンとクレニックのどちらかが首謀者なのか、それともゲイレン・アーソが関与しているのか…。ヴェイダーは調査のためコルサントへ飛ぶ。

事件は無事に解決したが、ヴェイダーは調査の過程でプロジェクトにカイバー・クリスタルが用いられてることを知り、デス・スターの本質を悟る。ヴェイダーはこの“科学技術の逸脱行為”を嫌悪するが、皇帝の執行者という役割をデス・スターに奪われるのが怖いだけではないかとターキンから指摘されてしまう。その後、惑星アルピンで発掘調査を行っていたライラ・アーソのもとに、謎のドロイドが送り込まれた。このドロイドはライラの夫ゲイレンが大量虐殺兵器の開発に携わっていることを知らせたのち、送り主を明かさないまま自らを破壊して機能停止した。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
  • アクレイ (ダース・ヴェイダーのヴィジョンの中に登場)
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

関連項目

外部リンク

正史スター・ウォーズコミック
スター・ウォーズ シリーズ
1. スカイウォーカーの衝撃 - 2. ナー・シャッダの決斗 - 3. サンスポットの騒乱 4. ハービンジャー最後の飛行
5. ヨーダの知られざる戦い - 6. 星々の中で - 7. ジェダの焦土 - 8. モン・カラの反乱
ダース・ベイダー シリーズ
1. ダース・ベイダー - 2. 偽りの忠誠 - 3. シュー=トラン戦役 - 4. 断たれた絆
シスの暗黒卿 シリーズ
1. 帝国の爪牙 - 2. 潰えた遺産 - 3. 燃える海 - 4. ベイダーの城
ケイナン シリーズ
1. ラスト・パダワン - 2. ファースト・ブラッド
ポー・ダメロン シリーズ
1. ブラックスコードロン - 2. 迫りくる嵐 - 3. レジェンド・ロスト - 4. レジェンド・ファウンド - 5. 火花と炎
ドクター・アフラ シリーズ
1. アフラ - 2. 巨万の富 - 2. 立場逆転
クロスオーバー作品
ベイダー・ダウン - スクリーミング・シタデル
ミニシリーズ
ダース・モール ダソミアの後継者 - プリンセス・レイア - ランド - 砕かれた帝国 - チューバッカ
オビ=ワン&アナキン - ハン・ソロ - フォースの覚醒 - ダース・モール - ローグ・ワン
メイス・ウィンドゥ - キャプテン・ファズマ - スローン - 最後のジェダイ - ランド 大いなる賭け
ハン・ソロ - ハン・ソロ 帝国軍候補生 - エイジ・オブ・リパブリック
アドベンチャーズ
フォース・オブ・ディスティニー - ベイダーの城の物語
短編コミック
C-3PO - キャシアン&K-2SO - ベン・ケノービ老人の日誌より - ベケット
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。