Fandom


ダース・マー(Darth Marr)は人間の男性で、大銀河戦争冷戦銀河共和国との銀河戦争時にシス帝国ダーク・カウンシルのメンバーだったシスの暗黒卿。恐るべき戦士で、帝国の屈強な守護者だったダース・マーは、3702 BBYに生まれた。20代前半でダーク・カウンシルに名を連ねたダース・マーは、帝国防衛の分野を率い、大銀河戦争中には敵の全軍を後退させ、共和国の攻勢を阻止した。戦争が終結した3653 BBYまでにマーはダース・ラクリスという名のシス卿を弟子として訓練し、戦争を生き延びたわずか7人の評議員の1人となっていた。彼は帝国の防衛強化をつづけ、冷戦の後の避けられない戦いに備え、評議会を悩ませていた裏切りや政治上の争いから距離を置いた。

再び共和国との戦争が始まったとき、マーはダーク・カウンシルの人数が外部の敵と内紛によって減っていく様を見守った。ダース・バラスダース・デシムスの死後、彼はダース・モーティスダース・ラヴィッジとともに評議員の主導的役割に就き、軍事犯罪軍略の分野のトップになり、また、帝国軍の独占的な司令官にもなった。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。