Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河帝国設立されて間もない頃、帝国軍に属すバロッキ大佐と彼の共謀者が、シス卿ダース・ヴェイダー暗殺計画を企てた。当時はまだヴェイダーの存在や地位が帝国軍将校団に広く知れ渡っておらず、バロッキたちはヴェイダーの急速な台頭を不満に思っていた。最初の攻撃は、コロニーズ領域のカバリアで行われた。ヴェイダーは賞金稼ぎチャ一家による待ち伏せを生き延び、彼らの依頼主が帝国上層部の人物であることを突き止めた。2度目の攻撃は、ヴェイダーがカバリアからコルサントに戻ってきた時に行われた。バロッキたちはヴェイダーのスターシップがコルサントの保安システムに引っかかるように仕向け、防衛プラットフォームに船を攻撃させた。しかしヴェイダーは一緒に船に乗っていたナインス・シスターとともに墜落を生き延びた。[1]

その後、ヴェイダーはバロッキを含む5人の容疑者を“無作為”に選びだした。皇帝シーヴ・パルパティーンがヴェイダーの立場を帝国内部に知らしめるため将校団の会合を開いた際、ヴェイダーは大勢のエリート将校が見ている前でこの5人をフォースで窒息させ、処刑した。しかしバロッキの共謀者である帝国軍将校は処刑を免れた。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。