Fandom


ダーツ・ドナー(Darts D'Nar)はザイゲリアン男性で、クローン戦争期にザイゲリアン奴隷帝国に仕えた司令官である。20 BBY、ドナーは独立星系連合バトル・ドロイド部隊を率いて惑星キロスを一時的に占領した。

経歴

クローン戦争中の20 BBYザイゲリアン奴隷帝国のダーツ・ドナー司令官独立星系連合国家主席であるドゥークー伯爵に同伴し、ドロイド軍を引き連れて惑星キロスへ降り立った。キロスは平和な惑星で、トグルータ種族のアーティストが築いたアーティザン・コロニーが存在した。独立星系連合がキロスを占領するに当たり、ドナーはバトル・ドロイドが捕虜にとったトグルータの植民者を奴隷として引き取る手はずになっていた。[2]

DNarPummelsKenobi-Kidnapped

ケノービとの対決

ドナーは全ての植民者が惑星ザイゲリアへ運ばれた後もアーティザン・コロニーに留まった。間もなく銀河共和国から派遣されたジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーアソーカ・タノがキロスに到着し、植民者が消えた街でバトル・ドロイドと戦った。ケノービはドナーが待ち受けている総督のタワーを1人で訪れ、ザイゲリアンに降伏を迫った。しかしドナーはあらかじめ街の各地にサーマル・アナイアレイター爆弾を仕掛けており、ケノービが降参しなければ今すぐ起動すると脅迫した。ケノービはスカイウォーカーとタノが爆弾を解除する時間を稼ぐためドナーとの格闘戦に臨むことになった。[2]

ケノービはしばらくドナーに圧倒されたが、仲間が爆弾を全て解除したことを知るや否やタワーにいたバトル・ドロイドを破壊し、フォースを使ってライトセーバーを取り戻した。劣勢を悟ったドナーは爆弾が仕込まれたTシリーズ・タクティカル・ドロイドを囮にしてタワーから逃げ出し、YV-865オーロラ級貨物船テコラ>でキロスからの脱出を図る。しかしスカイウォーカーとタノがAT-RTウォーカーからジャンプして貨物船に飛び乗り、船内に侵入した。ドナーはペットのブリクサスを彼らにけしかけたが、タノは猛獣の触手攻撃を切り抜けて操縦室にたどり着いた。ドナーはエレクトロ=ウィップで立ち向かったが敗北し、ブリクサスもスカイウォーカーに始末される。スカイウォーカーにセーバー放出口を突きつけられて脅されたドナーは[2]、ザイゲリアンのミラージュ・シンテル女王[3] 奴隷帝国の再興を計画していることを明かした。[2]

登場エピソード

DartsDNarFull-SWE

ダーツ・ドナー

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。