Fandom


「マーセフ…行きなさい。彼らはあなたを追ってる」
「置いては行けません」
―チアータとマーセフ[出典]

チアータ(Chiata)は銀河共和国時代末期の女性ジェダイ・マスターで、クローン戦争に参加したジェダイ将軍である。マーセフパダワンとして訓練していた。19 BBY、チアータとマーセフは部下のクローン・コマンダーとともにヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込み、分離主義勢力ドレッドノートとの戦いに参加した。しかし彼女たちのスター・デストロイヤーはダメージを負って惑星ゼフォの地表に墜落してしまった。それからしばらくしてオーダー66が発令され、チアータは致命傷を負った。彼女はマーセフに生き延びるよう命じて息を引き取ったが、弟子も間もなく命を落とした。[1]

登場エピソード

ChiataGrave

チアータの埋葬地

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。