Fandom


チェジル・サブロンド(Chesille Sabrond)は未知領域惑星エクセゴル出身の人間女性である。ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の時代、彼女はシス・エターナル艦隊に仕え、ジストン級スター・デストロイヤーデリファン>の艦長を務めた。35 ABY、彼女の指揮艦はエクセゴルから出発した最初のジストン級スター・デストロイヤーとなり、エンリク・プライド忠誠将軍の命令のもと、惑星キジーミアキシャル・スーパーレーザー破壊した。

経歴

人間女性、チェジル・サブロンドは5 ABY未知領域惑星エクセゴルに生まれた。彼女はシス・エターナル・カルトのメンバーによって育てられ、ファイナル・オーダー発動の時に備えてシス・エターナル将校になるべく訓練を受けた。やがて彼女は、エクセゴルで築き上げられたシス艦隊の一員となり、ジストン級スター・デストロイヤーデリファン>の艦長を任された。35 ABYシス・エターナルの指導者である銀河皇帝シーヴ・パルパティーンファースト・オーダーと接触をとり、シス・エターナルの戦力をレジスタンスとの戦争に使わせた。[1]

艦隊全軍の司令権を与えられたファースト・オーダーのエンリク・プライド忠誠将軍の命令のもと、<デリファン>はエクセゴルから最初に出発したジストン級スター・デストロイヤーとなった。[1] プライドの命令に従い、サブロンドの指揮艦は惑星キジーミへ旅した。キジーミには近ごろまでレジスタンスのメンバーが隠れていたため、ファイナル・オーダーの軍事力を示すための見せしめに選ばれたのである。<デリファン>が目標に接近すると、サブロンドは艦のブリッジで部下のマイロン・レンウィス中尉からキジーミが射程に入ったことを知らされた。彼女は即座にアキシャル・スーパーレーザーの発射を命じ、キジーミをまるごと破壊させた。しかし、ファースト・オーダーとシス・エターナルは間もなくエクセゴルの戦い銀河艦隊に破られ、壊滅してしまった。[3] <デリファン>も銀河艦隊やレジスタンスの攻撃で破壊され、サブロンドも戦死した。[2]

個性と特徴

チェジル・サブロンドは白人種の人間女性で、茶色のを持ち、身長は1.62メートル(5フィート4インチ)だった。シスのカルト信奉者によって育てられた他の子どもたちと同じく、サブロンドもフォースのダークサイドの力を敬うように育てられていた。また、彼女は“力のための力”こそ究極的な目標であるという冷酷な“真実”を叩き込まれていた。[1]

装備

サブロンドは黒と赤のシス・エターナルの軍服と、紋章入りの軍、黒いグローブ銀河帝国様式の将校ディスク付きバックルが付属した黒いベルトを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

チェジル・サブロンドは2019年に公開されたシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。女優はロチェンダ・サンダル[3] キャラクター名はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で明かされた。なお、翻訳版ではチェジル・サブロンドチェズル・サブロンドという表記のブレがみられる。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。