Wookieepedia
Advertisement

チャ家(Chas)は帝国時代に家族で賞金稼ぎをしていた人間の一族である。ラマットバダ・チャ、そして彼らの娘のチャナス・チャから成る。チャナスは一度ダース・ヴェイダーと敵対したこともあったが、のちにヴェイダーや皇帝シーヴ・パルパティーンの依頼も請け負った。

歴史

19 BBY、チャ家はカバリアバージェダイ賞金首が現れるという情報をハンター・ネットで手に入れた。彼らはバーに現れたシス卿ダース・ヴェイダーを賞金首と勘違いして攻撃し、敗北した。彼らは知らなかったが、ハンター・ネットの情報はヴェイダーを暗殺するための陰謀だったのである。ラマットはヴェイダーに娘を見逃してもらうため、スライサーとしての腕を生かしてハンター・ネットの情報源を特定した。その際、チャナスは今回の件をビジネスと割り切り、ヴェイダーに恨みを持たないと約束することで命を救われた。[2]

チャナスはその後も賞金稼ぎを続け、ヴロガス・ヴァスの戦いの直後には、ヴェイダーが依頼した仕事も引き受けている。[3] またチャナスは皇帝シーヴ・パルパティーンの仕事も請け負い、ランド・カルリジアンの一味によって盗まれた皇帝のヨットインペリアリス>の破壊任務を実行した。[1]

家系図

 
ラマット・チャ
 
バダ・チャ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャナス・チャ
 
 

制作の舞台裏

チャ家のメンバーのうち最初に登場したのはチャナス・チャで、2015年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:ランド』(チャールズ・ソウル作、アレックス・マリーヴ画)がデビュー作である。2018年、『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産』(ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)に若き日のチャナスが両親とともに登場し、彼女が一家揃って賞金稼ぎだったことが明らかになった。

登場作品

脚注

他言語版
Advertisement