Fandom


ティオン・ソルサー[1]Tionne Solusar)は惑星リンダオ出身の人間女性で、ニュー・ジェダイ・オーダーに仕えたジェダイ・マスターである。ジェダイの歴史の研究者だったティオンは、ルーク・スカイウォーカーが開いたジェダイ・プラキシウムの第一期生となり、旧ジェダイ・オーダーの失われた知識を集める役割を任されていた。同じくジェダイのカム・ソルサーと結婚し、ジェダイ最高評議会のメンバーも務めた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
ジェダイ・プラキシウム第1期生
カム・ソルサー - ブラキス - コラン・ホーン - ガントリス - ストリーン
ドースク81 - キラナ・ティ - ティオン・ソルサー - カイル・カターン
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。