Fandom


「この子たち、この船をメスだと思ってる?」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

ティビディー(Tibidee)は惑星スティジョン・プライムに原住したクリーチャーで、オーサロンといったの多いアウター・リムの星々に分布していた。小型の宇宙船ほどの大きさで、凧のような翼を使って飛行した。

特徴

ティビディーは巨大な翼と体内のガス袋を使って空を飛んだ。彼らは緑の目と長い尾を持ち、異周波数を感知することができた。ティビディーは周波数を使って別の個体を認識したため、妨害電波の周波数をメスと勘違いて宇宙船の周りに集まることがあった。ティビディーは普段は穏やかな性格だったが、ストームトルーパー等の脅威に立ち向かうため戦う事があった。ティビディーは宇宙船の害獣として知られるニーブレイマイノックと遠戚関係にあった。

歴史

「今プラットフォームに来たわ。お迎えよろしく」
「了解、スペクター5。艦隊を率いていく!」
サビーヌ・レンヘラ・シンドゥーラ[出典]
Tibidee

ティビディー

ジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリ銀河帝国刑務所から救出すべく惑星スティジョン・プライムを訪れた際、反乱者ヘラ・シンドゥーラは帝国による探知を阻止するため<ファントム>から妨害電波を発信したが、多数のティビディーがこの小型船をメスと思い込んで近寄ってきた。その後、彼女はティビディーの群れを率いて仲間の反乱者を救い、スティジョン・プライムから逃げ出した。

ヤヴィンの戦いの3前、惑星オーサロン尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスター襲撃されたケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーは、フォースで巨大なティビディーを呼び寄せ、このクリーチャーの背中に乗って逃げ出した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。