Fandom


「彼は言葉を飾っていますが…ここのオルデラニアンは狂っていると思っているようですね」
―ティヴィーの通訳をするエヴァン・ヴァーレイン[出典]

ティヴィー(Tivvy)はサラスタン男性で、帝国時代惑星サラストに住んでいた密輸業者である。0 ABYヤヴィンの戦いの直後、ティヴィーは共和国再建のための同盟プリンセスレイア・オーガナ反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインアストロメク・ドロイドR2-D2をサラストのオルデラン居留地へ案内した。居留地へ続く洞窟にたどり着いたとき、ティヴィーと反乱者たちは武装した居留地の住人に取り囲まれた。しかしレイアたちは住民を制圧し、ティヴィーと別れて居留地へ足を踏み入れた。

経歴

「彼らは居留地の外との接触を断ったけれど、帝国に襲撃される危険が減るからサラスタンとしては好都合だと…」
―ティヴィーの言葉をレイアに通訳するヴァーレイン[出典]
Tivvy ambush

オルデラン居留地の住民に包囲されるティヴィーとレイアたち

サラスタン密輸業者ティヴィーは、銀河帝国共和国再建のための同盟銀河内戦を繰り広げていた時代に、惑星サラストに住んでいた。[1] 0 ABY[2]ヤヴィンの戦いの直後、反乱同盟のプリンセスレイア・オーガナ反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインアストロメク・ドロイドR2-D2を引き連れてサラストにやってきた。彼女たちの目的は、帝国によって破壊された母星オルデランの生き残りを一人でも多く助け出すことだった。ティヴィーは彼女たちに雇われ、サラストにあるオルデラン居留地への案内役を務めた。[1]

道中、ティヴィーは居留地の住民が外部との連絡を絶っていることをレイアたちに教えた。ティヴィーは居留地の住民が狂っていると考えていたが、帝国による襲撃のリスクが減るため、サラスタンにとっては好都合だとも思っていた。ティヴィーがレイアたちと会話していた時、居留地の住人たちが突然姿を現して一行を包囲した。彼らはレイアが帝国側の人間だと思いこんでいたのである。しかしレイアとエヴァンは格闘戦兵士たちからブラスターを取り上げ、形成を逆転させた。その後、レイアたちはティヴィーと別れ、居留地の住人たちの案内で彼らの本部へ向かった。[1]

個性と特徴

ティヴィーはサラスタン種族男性で、は黒く、肌は薄橙だった。彼はベーシック以外の言語を話し、レイアと会話する際はエヴァン・ヴァーレインの通訳を必要とした。また彼は外部との接続を絶ったオルデラン居留地の人々は気が狂っていると考えていた。[1]

制作の舞台裏

ティヴィーは2015年4月29日に発売された正史コミックスター・ウォーズ:プリンセス・レイア #3』(マーク・ウェイド著)に登場するキャラクターである。同書の翻訳版ではティビーと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。