Fandom


テイク・フライト(Take Flight)はファジアー馬である。31 ABY、テイク・フライトと牡馬ドゥーニウム・ストライクのあいだにマイノック・ミニットという名のが生まれた。[1]

34 ABY頃、マイノック・ミニットは惑星カントニカカント・バイト・レース場競走馬として活躍していた。レジスタンス技術者ローズ・ティコカント・バイト訪れたときに手に入れたレースの出馬表には、マイノック・ミニットの母馬としてテイク・フライトの名が記載されていた。[1]

制作の舞台裏

テイク・フライトは2018年5月1日に発売されたレプリカ・ジャーナル・ブック『最後のジェダイ:ローズ・ティコ:レジスタンス・ファイター』(ジェイソン・フライ著)で初めて言及された。

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。