Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia
Blue-exclamation-mark.png

この記事のタイトルはニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

公式設定で正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「誰か名案はないのか?」
「自分に名案があります!」
アナキン・スカイウォーカーとテク[出典]

テク(Tech)はクローン戦争銀河共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・コマンドーで、“バッド・バッチ”の通称で知られるクローン・フォース99分隊の隊員である。バッド・バッチの他の隊員と同じく、彼はクローンでありながら突然変異により兵士として好ましい特性を備えていた。天才的な頭脳と技術的能力に恵まれたテクは、コンピューターや武器のスペシャリストであると同時に、一流のスライサーだった。クローン戦争中、テクと仲間たちはヤルベク・プライムを始めとする戦場へ送り出され、任務の成功率100パーセントのエリート・ユニットとして名を馳せた。戦争終盤の19 BBY、バッド・バッチは惑星アナクセスへ派遣され、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカークローン・キャプテンレックスに力を貸し、テクノ・ユニオンに囚われたクローン・トルーパーエコー救出した。アナクセスの戦いに勝利した後、テクと隊員たちはエコーをバッド・バッチの新しい仲間として迎え入れた。

終戦時、惑星カラーの戦場に派遣されていたテクは行動抑制チップの影響を受けず、オーダー66に従わなかった。彼は仲間たちと共に故郷の惑星カミーノに戻り、新たに誕生した銀河帝国の兵士として、ウィルハフ・ターキン提督によるテストを受けることになった。バッド・バッチの隊員のうち唯一クロスヘアーだけが帝国に忠誠心を示したが、残りのテクとハンターレッカー、エコーは帝国のやり方に愛想をつかし、クローンの少女オメガを連れてカミーノから脱出した。

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement