Fandom


テミリ・ブラッグ(Temiri Blagg)はフォース感応能力を持つ人間男性で、ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の時代に惑星カントニカカジノ都市カント・バイトに住んでいた少年である。[2] ギャンブルで大負けした人々がカントニカに置き去りにしていった少年少女の1人であるテミリは、同じ境遇のアラシェル・サーオニホ・ザヤと一緒にクロッドグランの飼育係バーグウィル・トンダーのもとでファジアーの世話をしていた。[3] 34 ABYレジスタンスのメンバーであるローズ・ティコフィンがカント・バイトの厩舎に現れ、テミリに手助けを求めた。ローズの指輪を見て彼女がレジスタンスであることを信じたテミリは、カント・カジノレース場で競走馬として酷使されていたファジアーを全て解き放ち、彼女たちがカント・バイト警察から逃げ出す手伝いをした。[2]

カント・バイトの豊かさの影で孤独な生活を送っていたテミリは、どこか他の星でより良い暮らしを送ることを夢見ていた。[1] テミリと厩舎の子どもたちは少しでも休める時間があれば想像力豊かな遊びに興じ、遠くの惑星からの旅行者から聞きかじった冒険物語を人形で再現した。[3] クレイトの戦い以降のある日の夜、テミリとアラシェルはオニホが語るジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーの物語に耳を傾けた。トンダーに叱られて仕事に戻ったブラッグは、フォースのテレキネシスを使って箒を手元に引き寄せ、夜空の星を見上げた。[2]

制作の舞台裏

テミリ・ブラッグは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。俳優はテマーラン・ブレイヴ

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。