FANDOM


「ゆっくりと動けばその分、先のことがはっきりと見えるものじゃよ」
―テラ・シヌーベ[出典]

テラ・シヌーベ(Tera Sinube)は男性コジアンで、銀河共和国末期にジェダイ・オーダーに仕えたジェダイ・マスターである。惑星コジアに生まれたシヌーベは、ジェダイの調査員として惑星コルサントの裏社会であるアンダーワールドで長年任務につき、この分野のエキスパートとなった。クローン戦争当時、老齢に達していたシヌーベは実地任務からは遠ざかっていた。21 BBY、マスター・シヌーベはスリライトセーバーを奪われてしまったトグルータジェダイパダワンアソーカ・タノから犯人探しへの助力を求められる。彼は若きジェダイと一緒にスラム地区へ足を運び、パトローリアンのスリ師バンナムを捕まえ、ライトセーバーの売却相手であるナック・ムーヴァースの居場所を聞き出した。しかし、2人がアパートに到着した時ムーヴァースは既に息絶えており、タノは犯人と思われるキャシー・クライアーを追って部屋から飛び出した。シヌーベはアパートに残り、事件を目撃したというアイオニ・マーシーから事情を聞いた。

シヌーベはマーシーにこっそり追跡装置を取り付け、ムーヴァースの不可解な死について尋問した。クライアーとグルであることが暴かれたマーシーは窓から飛び出してエアスピーダーに乗り込み、コルサントのスカイレーンで相棒と合流する。シヌーベはポリス・ドロイドから借りたスピーダー・バイクでタノを拾い、発信機を頼りにトレイン・ステーションを目指した。シヌーベとタノはポリス・ドロイドと協力して泥棒のコンビを取り囲むも、クライアーは列車に逃げ込み、タノもその後を追った。クライアーは船内でトワイレックの市民を人質に取ったが、シヌーベは次の駅で待ち伏せして意表をつき、自身のケイン・ライトセーバーで素早く彼女を武装解除した。ライトセーバーを取り戻したタノはシヌーベに感謝し、老マスターの穏やかだが的確な行動ぶりを賞賛する。

19 BBYジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーダークサイドに堕ちたパダワン・バリス・オフィージェダイ・テンプルでライトセーバーを交えたとき、シヌーベは中庭で若いジェダイ・イニシエイトたちにライトセーバーの稽古をつけていた。シヌーベはすぐに訓練生を安全な場所へ下がらせ、ケイン・ライトセーバーを引き抜いたが、オフィーはスカイウォーカーとジェダイ・テンプル・ガードによって取り押さえられ、子供たちに危害が及ぶことはなかった。

登場エピソード

参考資料