Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「演説は得意ではない。手短に。テンペランスとこの艦隊を任されたことは名誉だ。ヴァンガード中隊の勇敢さと群を抜く実力はよく知られている。それゆえに、我々は今より新計画『スターホーク計画』に参加することになった」
リンドン・ジェイヴス[出典]

銀河内戦中、新共和国防衛艦隊にはMC75スター・クルーザーテンペランス>を旗艦とする戦闘群が存在した。この戦闘群には<テンペランス>の他にEF76ネビュロンBエスコート・フリゲートが少なくとも4隻、CR90コルベットが少なくとも5隻、GR-75中型輸送船が少なくとも7隻所属しており、ヴァンガード中隊スターファイターの主戦力だった。エンドアの戦いの後、リンドン・ジェイヴスが<テンペランス>とその艦隊の新指揮官に任命された。ジェイヴスの着任と同時に、この戦闘群はスターホーク計画に参加することになった。[1]

登場エピソード

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 Star Wars:スコードロン
  2. Star Wars:スコードロン』のメイン・ストーリーは、プロローグで描かれたフォスター・ヘイヴンの戦いオルデランの破壊の直後)の4年後である。『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』によればオルデラン破壊は0 BBYであるため、『スコードロン』のメイン・ストーリーは4 ABY頃ということになる。
新共和国防衛軍
組織 新共和国軍最高司令部 - 新共和国軍将校 - 新共和国アカデミー
新共和国防衛艦隊
組織 艦隊司令部 - 艦隊情報部 - デジタル戦術部門 - 新共和国軍パイロット
艦隊 本国艦隊 - テイラス隊 - テンペランス戦闘群 - ナディリ艦隊
スターファイター隊 スターファイター司令部 - 77中隊 - アルファベット中隊 - アンヴィル中隊 - ブレード中隊 - コンボイズ・カレッジ - コロナ中隊 - ゴールド中隊 - グリーン中隊 - ヘイル中隊 - ハウンド中隊 - オレンジ中隊 - ファントム中隊 - フェニックス中隊 - ピンク中隊 - プレシジョン・エア・チーム - レッド中隊 - レーピア中隊 - ライオット中隊 - ローグ中隊 - サンクチュアリ中隊 - シロッコ中隊 - スコール中隊 - スターバード中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - ヴァンガード中隊 - 名称不明
主な軍艦 スターホーク級バトルシップ・マークI, マークII - MC75スター・クルーザー - MC85スター・クルーザー - CR90コルベット - EF76ネビュロンBエスコート・フリゲート - ネビュロンCエスコート・フリゲート - GR-75中型輸送船
主な戦闘機 A/SF-01 Bウイング - BTL-A4 Yウイング - RZ-1 Aウイング - RZ-2 Aウイング - T-47エアスピーダー - T-65B Xウイング - T-65C-A2 Xウイング - T-70 Xウイング - T-85 Xウイング - Vウイング - Uウイング
新共和国地上軍
部隊 新共和国軍兵士 - 第61機動歩兵隊
[テンプレート]
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。