T-7イオン・ディスラプター・ライフル

ディスラプター(Disruptor)、あるいはディスラプター・ライフル(Disruptor rifle)は高い威力を持つ危険なエネルギー武器の一種。電気回路を破壊したり、有機体を分子レベルで破壊することができた。帝国元老院の法律で使用が禁じられていた。

特徴

T-7イオン・ディスラプター・ライフルは一撃で全地形対応防衛ポッドを破壊することができ、船1隻の電気回路を破壊することが可能だった。ディスラプター・ライフルを有機体に向けて発射すると、標的は原子レベルに分解され、痛みを伴いながらゆっくりと死に至った。

歴史

T-7イオン・ディスラプター・ライフルは銀河帝国による惑星ラサンへの攻撃に使用され、ラサット種族の住民をほぼ全滅状態に追い込んだ。その後、帝国元老院はディスラプターの使用を法律で禁止した。ヤヴィンの戦いの5年前、アクアリッシュの武器商人アムダ・ワボマーケス・チュア大臣にT-7ディスラプターを売ろうとしたが、<ゴースト>の反乱者たちに阻止された。また、帝国はT-8ディスラプターと呼ばれる機種も製造した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。