ディフェンダー・スポーティング・ブラスター・ピストル(Defender sporting blaster pistol)はドレリアン・ディフェンス・コングロマリットが製造したブラスター・ピストル。小規模な狩猟ゲームや自衛のために使用される低パワー火器だった。軽量設計で、簡単な組み立てと分解が可能なうえ、携帯しても目立たなかったため貴族などの間で広く使用されていた。3つのパーツに分解することで、ほとんどのセキュリティ・スキャンをすり抜けることができた。プリンセスレイア・オーガナは“サティーンの嘆き”と呼ばれる形式のディフェンダー・スポーティング・ブラスターを所有していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。