Fandom


ディーヴァ・シャリカ(Diva Shaliqua)はハーフ=シーリン女性で、犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレに仕えた歌手である。

経歴

銀河共和国時代の後期、ハーフ=シーリン歌手であるディーヴァ・シャリカは惑星タトゥイーン犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレに仕えた。ジャバのお気に入りだったシャリカは、彼が好きな露出の多い服を着てしばしばイベント会場に随行した。[1] 32 BBY[3]モス・エスパ・グランド・アリーナブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースが開催された時も、シャリカはジャバに同伴してレース会場を訪れた。[2]

制作の舞台裏

ディーヴァ・シャリカは1999年に公開されたプリクエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するキャラクターである。同年に発売された設定資料集『スター・ウォーズ エピソード1 キャラクター&クリーチャー』で初めて名前が明かされた。正史設定での初出は2018年に発売された『スター・ウォーズ:ギークショナリー』。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。