Fandom


ディーヴァ・ファンキータ(Diva Funquita)はシーリン女性で、ハット犯罪王ガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダーのアシスタントである。

経歴

シーリン女性、ディーヴァ・ファンキータはもともと惑星タトゥイーン犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレの所有物だったが、贈り物としてガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダーの手に渡った。ディーヴァはこの女性ハットのアシスタントを務め、ポッドレース等のイベントで彼女に同伴した。[1] 32 BBY[3]、ファンキータはガーデュラとともにモス・エスパ・グランド・アリーナを訪れ、ブーンタ・イヴ・クラシックのポッドレースを観戦した。[2]

制作の舞台裏

ディーヴァ・ファンキータは1999年に公開されたプリクエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するキャラクターである。同年に発売された設定資料集『スター・ウォーズ エピソード1 キャラクター&クリーチャー』で初めて名前が明かされた。正史設定での初出は2018年に発売された『スター・ウォーズ:ギークショナリー』。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。