Fandom


デクスター・ジェットスター(Dexter Jettster)は惑星コルサントに住んでいたベサリスク男性で、豊富な知識を備えたデックス・ダイナーの経営者である。分離主義運動の時代、彼はコルサントの労働者を相手に家庭的な料理を提供していた。

経歴

銀河共和国の衰退期、ベサリスクのデクスター・ジェットスターはコルサントココ・タウンにあるデックス・ダイナーを経営していた。彼は主に近くに住む労働者向けに家庭的な料理や新鮮なアーディース(ジャワ・ジュース)を提供していた。彼はコックとして働き、ハーマイオニー・バグワドロイドWA-7を従業員として雇っていた。[3]

クローン戦争勃発が目前に迫っていた頃、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービが旧友であるジェットスターの知恵を頼ってデックス・ダイナーを訪れた。ケノービは手に入れた毒矢の出所を知りたがっていた。炭鉱者として働いていた頃の経験をもとに、ジェットスターはその毒矢が惑星カミーノ製のセーバーダートであることに気付く。さらにジェットスターは、カミーノアンが優れたクローン技術と気難しい性格の持ち主であることや、クレジットを持つ者には友好的であること等を教えた。また、彼はドロイド記録保管所よりも人の持つ知恵を重視すべきだとジェダイの友人にアドバイスした。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。