Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

デス・スター』(原題:Death Star)はマイケル・リーヴススティーヴ・ペリーによる小説。原書は2007年10月16日に発売され、翻訳版は2008年9月22日エフエックスから出版された。訳者は富永和子。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で破壊された初代デス・スターと、それに関係する人々の物語を描く。

本書はスター・ウォーズ レジェンズ設定に属している。正史設定では映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などで本書と大きく異なるデス・スターのストーリーが描き直された。

発売までの経緯

原書発売当時、編集者の高貴準三自身のブログ で翻訳版を2008年の5月、6月ごろに発売したいと発言した。しかし『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』のジュニアノベル版の緊急発売などが理由で発売時期が遅れ[2]、最終的に9月22日に発売された。

出版社による作品紹介

上巻背表紙

ジェダイ・オーダーを滅ぼしたパルパティーンは、皇帝を僭称し、帝国を築いた。だが、帝国の圧政に抵抗する反乱同盟軍は日増しに力を増してきた。反乱の芽を摘み、銀河を完全に支配するには、圧倒的な恐怖の象徴が必要になる。ひとつの惑星を一瞬で抹消するスーパーレーザー砲を搭載したバトル・ステーション―――それは、「死の星」と呼ばれた。さまざまな人々の運命が交錯するなか、デス・スターは日ごとに完成へと近づいていく。映画『エピソード3』の終盤に姿を見せた建造中のデス・スター。18年の間に何が起きたのか、今明らかになる!

下巻背表紙

デス・スターの力を過信するターキンやモッティを、ダース・ヴェイダーは冷めた目で見ていた。真の力はフォースのダークサイドにあるのだ、と。始動したデス・スターに反乱軍のレイア・オーガナが連行され、冷酷なターキンの命令で平和な惑星オルデランが破壊されると、帝国軍内部にも動揺が走る。常軌を逸した破壊を目の前にして、数人のグループは帝国を離反し、デス・スターからの脱走を決意した。だが、トラクター・ビームが無効にならないかぎり、脱出は不可能だ。デス・スターは反乱軍基地のある星を破壊すべく、ヤヴィン4へと接近。刻一刻と破滅の瞬間は近づいている―――

誤植、誤表記、誤訳など

  • 下巻22ページの最後の行、「注げている」は「告げている」の間違い。
  • 下巻47ページ、11行目、「これについて詳しい者はひとりいない」は、文脈から「~は誰ひとりいない」や「~はひとりもいない」の間違いだと思われる。
  • 下巻54ページ、12行目、「ティーラ」が「ティーら」になっている。
  • 下巻70ページ、「プゾフ」は「プゾブ」の間違い。
  • 下巻77ページ、ルクレハルク級航宙母艦の全長3000キロメートルは3キロメートルもしくは3000メートルの間違い。
  • 下巻95ページ、7行目、読点(、)が重複している個所がある。
  • 下巻287ページ(用語一覧)、パドメ・アミダラがパトメ・アミダラになっている。
  • 下巻310ページ(用語一覧)、ホロクロンがホクロクンになっている。

登場人物・用語

本作では『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の一部シーンが再録されている。そのため実際は名前の設定があるが本作中では名称が言及されていない人物(=本作でセリフ部分のみ再録されている人物)が多く存在する。逆に、本作で初めて名前が判明した『新たなる希望』のキャラクターも数名存在する。

テーマ別目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

主な登場人物

  • C-4ME-O(フォーミオ);ウリーの助手を務める秘書ドロイド。
  • P-RC-3(パーシー);アトゥア・ライテンに仕えるドロイド。
  • アトゥア・ライテン;帝国軍の中佐で、デス・スターの図書館長(人間、男性)。
  • ウィルハフ・ターキン;帝国のグランドモフ(人間、男性)。
  • オビ=ワン;ジェダイ・マスター(人間、男性)。
  • コーネル・ディヴィニ(ウリー);デス・スターの軍医(人間、男性)。
  • コナン・アントニオ・モッティ;帝国軍の提督(人間、男性)。
  • ジェイム・ヘロー;帝国軍の提督で、<アンドーンタブル>の艦長(人間、男性)。
  • セロット・ラテュア・ディル;有罪の判決を受けた密輸業者(ゼロシアン、男性)。
  • ダース・ヴェイダー;シスの暗黒卿(人間、男性)。
  • ダーラ;帝国軍の提督で、ターキンの愛人(人間、女性)。
  • タッグ;帝国軍の将軍(人間、男性)。
  • ティーラ・カーズ;デス・スター計画にかりだされた囚人で、建築家(ミリアラン、女性)。
  • テン・グラニート;デス・スターの砲術手(人間、男性)。
  • ニート・アラマント;デス・スターで働く人材を集めるスカウト(人間、男性)
  • ノヴァ・スティル;帝国軍の軍曹で、武術の達人(人間、男性)。
  • ハリンヤー;デス・スターで強制労働につく奴隷(ウーキー、男性)。
  • ヴィリアン・ダンス;帝国軍の少佐で、タイ・パイロット(人間、男性)。
  • ベニツ・スティネックス;デス・スターの内装を担当する主任建築士(人間、男性)。
  • ホーティス;帝国軍の大佐で、軍医(人間、男性)。
  • ミーマ・ルーセス;ハードハート・カンティーナのオーナー(トワイレック、女性)。
  • レイア・オーガナ;オルデラン選出の元老院議員(人間、女性)。
  • ロード;ハードハート・カンティーナの用心棒(人間、男性)。

その他の登場人物

  • DS-61-3 (“パイロット”として言及)
  • SU-B713 (初登場)
  • アブ・バヌー (初登場)
  • アリックス (この小説で初めて名前が明かされた)
  • アルフェロン・チューツ・ベミング (初言及)
  • イシン・イル=レイズ (言及のみ)
  • エステュア (初登場)
  • エル=ナイン (初登場)
  • オーラン・ケルドア (言及のみ)
  • オルザル・エルン (初登場)
  • カアギー (名前は言及されていない)
  • ガー・グラティウス (初言及)
  • カーデュサイマロック (間接的に言及)
  • カイ (この小説で初めて名前が明かされた)
  • カメダ (台詞または音声のみ)
  • カン・ポジョ (初言及)
  • キウイ・ズークス (言及のみ)
  • キャス (名前は言及されていない)
  • グリーヴァス (言及のみ)
  • コダス・ロマンサス (初言及)
  • サイ (この小説で初めて名前が明かされた)
  • ザック (この小説で初めて名前が明かされた)
  • ザム・ステンザ (初登場)
  • サンギ・フィーバー・サル (初言及)
  • ジャヴィーク (初言及)
  • スラン・ドルート (初登場)
  • ダース・シディアス (言及のみ)
  • ダース・プレイガス (言及のみ)
  • タジス・ダーミン (名前は言及されていない)
  • ダッシュ (この小説で初めて名前が明かされた)
  • タンブリス (名前は言及されていない)
  • チューバッカ (名前は言及されていない)
  • チュニア (言及のみ)
  • ディーヴォ (初登場)
  • デイン・ジア (名前は言及されていない)
  • ディルウィット (初登場)
  • デックス (この小説で初めて名前が明かされた)
  • デン・ドゥール (言及のみ)
  • トール・シヴロン (言及のみ)
  • ドロラン (初登場)
  • ナードニス・プラージ (名前は言及されていない)
  • ナガト・ケリス・ラテュア (初言及)
  • ナスト・ホバード (初登場)
  • ナンバーズ (初登場)
  • ネイト (この小説で初めて名前が明かされた)
  • ノンド・ケンドー (初登場)
  • バーヴェル・ヴィンドゥー (初言及)
  • ヴァーリー (初登場)
  • ヴァーロ・ブリム (初言及)
  • パイコー (初登場)
  • バスト
  • バラティーズ (初登場)
  • バリス・オフィー (言及のみ)
  • ハン・ソロ (名前は言及されていない)
  • ヴィシュネア (初言及)
  • フィーラ・デリン (初言及)
  • フォウ・ジ (初言及)
  • ブルン (初登場)
  • ブレトン (この小説で初めて名前が明かされた)
  • ベイル・オーガナ (言及のみ)
  • ベヴェル・レメリスク (言及のみ)
  • ベラー (初登場)
  • ヴェルヴァリー (初登場)
  • ベンジョー (初登場)
  • ポール・トレイダム (名前は言及されていない)
  • ポグル・ザ・レッサー (言及のみ)
  • ポティート (初登場)
  • ホラ・グラニート (初言及)
  • マール (この小説で初めて名前が明かされた)
  • マントロゴ (初登場)
  • ミゼル (“パイロット”として言及)
  • メイス・ウィンドゥ (言及のみ)
  • メッカー・ドーン (初登場)
  • モン (初登場)
  • ユマック・レス (言及のみ)
  • ヨーダ (言及のみ)
  • ラール・アニエル (初登場)
  • ラックス・エグゼター (初登場)
  • リネシー・ホバード (初言及)
  • ルーア (初言及)
  • ルーク・スカイウォーカー (名前は言及されていない)
  • ルード (初登場)
  • レイス・サイナー (言及のみ)
  • レイマス・アンティリーズ (名前は言及されていない)
  • レシアス (初登場)
  • ロア (初登場)

動物

  • イリドニアンハグルパップ (言及のみ)
  • クラブ・スパイダー
  • サンド・キャット (言及のみ)
  • サンド・スネーク (言及のみ)
  • シェルフィッシュ (言及のみ)
  • スコーピオン・スラッグ(サソリ・ナメクジ) (言及のみ)
  • スペース・スラッグ (言及のみ)
  • スマイル・ビートル (言及のみ)
  • ダイアノーガ (言及のみ)
  • ドロート
  • ネクスー (言及のみ)
  • バーベシアン・クラブ
  • バーマット (言及のみ)
  • バズ=ビートル (言及のみ)
  • バンサ (言及のみ)
  • ヴィレヴォル (言及のみ)
  • ファイア・ナット (言及のみ)
  • フィーロ (言及のみ)
  • プーカ (言及のみ)
  • プリーキー
  • フリータビースタ (言及のみ)
  • フリッターフライ (言及のみ)
  • ボラット (言及のみ)
  • ミストフライ (言及のみ)
  • ミディ=クロリアン
  • ヨーク (言及のみ)
  • ラットバット (言及のみ)
  • リーク (言及のみ)
  • リーフクローラー (初言及)
  • ロント (言及のみ)
  • ワンパ (言及のみ)
  • Brindlebug (言及のみ)
  • Flit (言及のみ)
  • Naga (言及のみ)
  • Raitch (言及のみ)
  • Rikitik (言及のみ)
  • Whool (言及のみ)

ドロイドの機種

出来事

  • 銀河内戦
    • デスペイヤーの戦い
    • ヤヴィンの戦い
    • デス・スターの暴動 (言及のみ)
    • オルデランの破壊
    • デスペイヤーの破壊
    • 帝国元老院の解散 (言及のみ)
    • ダヌータの任務 (言及のみ)
    • 初代デス・スターからの救出
  • クローン戦争 (言及のみ)
  • ゴールデン・エイジ (言及のみ)
  • ジェダイの大粛清 (間接的に言及)
    • オーダー66 (言及のみ)
  • ボールドゥラン内戦 (言及のみ)

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

カバー

脚注

  1. 編集者、高貴準三のブログ [1] による。
  2. 『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』小説版のあとがきによる。
スター・ウォーズ レジェンズの翻訳小説
1978年 スター・ウォーズ - 侵略の惑星
1980年 帝国の逆襲
1983年 ジェダイの復讐
1992年 帝国の後継者 - 帝国の復活 - ジェダイの遺産
1993年 暗黒の艦隊 - ゾルバの復讐 - 運命の惑星 - 帝国の女王
1994年 最後の指令 - 暗黒の預言者 - バクラの休戦
1995年 レイアへの求婚 - ジェダイの末裔 - 暗黒卿の復活
1996年 フォースの覇者 - ジェダイの遺児 - クリスタル・スター - コレリアの反乱 - セロニア奇襲作戦
1997年 決戦センターポイント - 帝国の影 - 新生ローグ中隊 - ダークセーバー - 首都奪回への賭け - 黄昏の惑星 - 嵐の予兆
1998年 偽りの盾 - 暴君の試練 - クライトスの罠 - 新反乱軍 - バクタ大戦
1999年 聖地の罠 - ハットの策略 - ファントム・メナス - 反乱の夜明け - 過去の亡霊 - 未来への展望 - 新たなる脅威
2000年 暗黒の潮流 - ローグ・プラネット - アイソアへの侵攻 - 英雄の試練 - ジェダイの失墜
2001年 バランス・ポイント - ダース・モール 闇の狩人 - 征服 - 偽りの仮面 - 復活 - 猟獣
2002年 陥落 - 崩壊の序曲 - クローンの攻撃 - 暗黒の旅路 - レベル・ドリーム - 魔都潜入
2003年 反逆者 - 運命の道 - レムナント - 逃亡者 - タトゥイーン・ゴースト - 再会
2004年 最後の予言 - 迷走 - 統合 - 破砕点 - セスタスの偽り - 生存者の探索
2005年 ジェダイの試練 - 暗黒の会合 - 悪の迷宮 - シスの復讐 - 暗黒卿ダース・ヴェイダー
2006年 危険なミッション - 外宇宙航行計画 - 闇の警告 - ジョイナーの王 - 影の女王 - 冒険のはじまり - 師弟のきずな
2007年 キリック戦争 - アンダーワールド - 危険なゲーム - ナブーに死す - 皇帝の罠 - ダークサイドの誘惑 - ダークサイドの陰謀 - 指導者学校の秘密
2008年 ダース・ヴェイダー 光と影 - シャドー・トラップ - 忠誠 - 真実の瞬間 - クーデターの真相 - クローン・ウォーズ - デス・スター - 偽りの平和 - 最後の対決
2009年 フォース・アンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子 - オビ=ワン・ケノービの伝説 - ミレニアム・ファルコン
2010年 ボバ・フェット① - ボバ・フェット② - ボバ・フェット③
2011年 ルーク・スカイウォーカー伝 - ボバ・フェット④
[テンプレート]
Advertisement