Fandom


「約一万五五〇〇BBYには、アウター・リムの探検家が一般的にはスター・ドラゴンという名で知られているデュイヌオグウィンと出くわした。この原子の炎を吐きながら宇宙を飛ぶ五〇メートルもある生物を見て、彼らが恐怖に駆られたことは察するに難くない」
ヴォレン・ナル[出典]

デュイヌオグウィン[1](Duinuogwuin)は、スター・ドラゴン[1](Star Dragon)という呼び名で一般的に知られていた巨体の知覚種族である。彼らは銀河系の中でも特に秘密主義的で、謎の多い種族だった。デュイヌオグウィンと銀河共和国が接触した後、一時的な紛争が勃発したが、デュイヌオグウィンの哲学者ボーズマトーフィロリーン最高議長の間で和平協定が成立した。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。