Fandom


デルフィディアン(Delphidian)はワイルド・スペースの外縁に位置するミッド・リム恒星密集地帯、デルフィディアン星団に起源を持つヒューマノイド知覚種族群の総称。デルフィディアンの肌はみな共通して暗灰で、きれいな溝が入っており、皮のような質感だった。しかしそれ以外の身体的特徴は個体によってさまざまだった。この点については遺伝学者の間でも意見が分かれており、デルフィディアンには共通の先祖がいたが遠い昔に忘れ去られたのだと考える者もいれば、今や姿を消した何者かが彼らを奴隷として生体改造したのではないかと推測する者もいた。しかし、当のデルフィディアンたちはこの件について口をつぐんでいた。デルフィディアンは銀河共和国が彼らの星団を発見する数世紀前に設立された連合国に所属していた。この種族のメンバーは膨大な数の方言を使ったため、星団内の交易用に編み出された共用言語を頼りにしていた。

デルフィディアンのサイドン・イサノカリーシュのヘルメットをかぶって種族を隠していた。エンドアの戦いの30後、イサノと名称不明のデルフィディアン1名が惑星タコダナにある海賊マズ・カナタを訪れていた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。