Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

惑星トイダリアロイヤル・シティにはトイダリアン大王が住む宮殿が建てられていた。この宮殿にはトイダリアン評議会の会合が行われる広間や、晩餐会の会場があった。

歴史

クローン戦争中、銀河共和国ベイル・オーガナ元老院議員ジャー・ジャー・ビンクス下級代議員は、カトゥーンコ大王ライロスへの補給支援を依頼するためトイダリアの宮殿を訪れた。トレード・フェデレーションロット・ドッド議員も宮殿に来訪し、オーガナたちの企みを挫こうとしたが、共和国は大王の配慮のおかげでトイダリアから密かに補給船を出発させることができた。

その後、ドゥークー伯爵の暗殺者サヴァージ・オプレスが宮殿を襲撃し、ジェダイアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービの妨害をはねのけ、カトゥーンコ大王を殺害した。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。