Fandom


トゴリアン(Togorian)はネコ科知覚種族である。巨体で、が逆関節になっていた。トゴリアンの体は茶や白の短いに覆われており、は黄色だった。またトゴリアンの動きは優美で、声には歯擦音が混じっていた。帝国時代女性トゴリアンのフシシコルサントインチョム道場の道場主を務めていた。[1]

制作の舞台裏

トゴリアンの初出は1997年に発売されたスター・ウォーズ レジェンズの小説『聖地の罠』(A・C・クリスピン著)である。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。