FANDOM


トバイアス・ベケットのギャング団(Tobias Beckett's gang)[3]トバイアス・ベケットによって率いられた犯罪者集団である。銀河帝国の時代にクリムゾン・ドーンから仕事を請け負っていた。[1] ベケットは特殊技能を持つクルーを集めてチームを組み、借金を返すためにリスクは高いが大金が手に入る仕事を引き受けていた。10 BBY、クリムゾン・ドーンからコアクシウム強奪任務を与えられた時、アルデニアン操縦士リオ・デュラントと破壊工作の専門家ヴァルがベケットのクルーに参加しており[4]、任務に必要なATホーラーを手に入れるため惑星ミンバンを訪れた際、ハン・ソロチューバッカが新たに仲間に加わった。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版