Fandom


類似した名称の記事はダラ(曖昧さ回避)を参照
TobbiDalaHS-Hasbro
トビ・ダラ
人物の情報
出身

マンダロア

死亡

3 ABY (38)、マンダロア

身体の情報
種族

人間

性別

男性

髪の色

茶色

目の色

年代と政治的な情報
時代
所属

トビ・ダラ[1](Tobbi Dala)は、人間男性で、マンダロリアンクローン大戦銀河内戦において、“マンダロア・ザ・リザレクター”のスパーや、フェン・シサのもとで戦った。ダラは故郷惑星マンダロアシュプリーマ銀河帝国から解放するために戦い、命を落とした。

経歴

クローン大戦中、トビ・ダラはフェン・シサと共にスパー(アルファØ2)率いるマンダロリアン・プロテクターに加わり、戦闘に参加した。もともとプロテクターは212人のマンダロリアンによって構成されていたが、戦争を生き残ったのは、ダラとシサ、スパーの3人だけだった。戦いが終わった後、スパーはもう戦争に出れないほど心に傷を負ってしまい、ダラとシサだけが惑星マンダロアに戻った。

ホスの戦いの後、ハン・ソロを捜索していたプリンセスレイア・オーガナは、惑星マンダロアを訪れた。オーガナは、ダラとシサが惑星にはびこる奴隷商人と戦い、奴隷売買を崩壊させて惑星をマンダロリアンの手に戻そうとしていることを知った。

ダラは敵に捕らえられたが、間もなくシサはバウンティ・ハンターデンガーを捕まえた。対立する両陣営は、捕虜を交換することで同意した。しかしオーガナはデンガーとの対話を要求し、計画は妨害される。ダラはシュプリーマ、アンポテム・ザーによって閉じ込められ、彼のマンダロリアン・アーマーはトロフィー・ケースに飾られた。その後ダラはフェン・シサとレイア・オーガナによって救出されたが、脱出のさなかにシュプリーマに胸を撃ちぬかれてしまう。致命的な傷を負いながらも、ダラは何とかシュプリーマの武器を掴み、仲間たちが奴隷商人のオフィスから脱出する手助けをした。

その後の戦いで、エアスピーダー一団がシサとオーガナを追跡するために派遣されたが、ダラは何とか基地のブラスト・ドアを封鎖することに成功した。エアスピーダーは爆発し、連鎖反応を引き起こして基地を破壊した。ダラを含め、基地の中にいた者は全員命を落とした。ダラの犠牲のおかげで、惑星マンダロアの奴隷制度は終焉を迎えた。

制作の舞台裏

Dala helmet

トビ・ダラ

スター・ウォーズ 全史』ではトッビ・ダラとしている個所がある。

登場エピソード

  • Star Wars 68: The Search Begins (初登場) (回想シーン)
  • Star Wars 69: Death in the City of Bone
  • Boba Fett: Twin Engines of Destruction (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。