Fandom


トマイン(Tomine)は人間男性で、銀河内戦期に銀河帝国に仕えた将校である。ヤヴィンの戦いの後、トマインはドラゴン・ヴォイド・ラン・レースを妨害しようとした。

経歴

銀河内戦の初期、人間男性のトマインは帝国軍将校として銀河帝国に仕えた。ヤヴィンの戦いの後、トマインはストームトルーパーの部隊を率いてドラゴン・ヴォイド・ラン・レースを中止に追い込もうとした。彼は2隻のラムダ級T-4aシャトルでレースの最初の補給惑星を訪れ、レース参加者であるハン・ソロディラン・ヴックルー・リ・アノらを拘束する。その模様はレースのカメラを通して生中継された。トマインは“目撃者”と呼ばれる奇妙な生き物に苛立ち、ストームトルーパーに命じて始末させようとしたが、ハンやルー・リ・アノに制止される。その後、レースの運営者がトマインに抗議し、もし帝国がドラゴン・ヴォイドを中止させれば、レースのスポンサーが帝国への支援を打ち切るかもしれないと仄めかした。トマインはこの脅しに屈し、やむを得ずレーサーたちを解放した。[1]

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。