Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「奴を倒せ!」
―トラウマ[出典]

トラウマ(Trauma)はクローン戦争期に共和国グランド・アーミーに仕えたARFクローン・トルーパー・コマンダーのニックネームである。20 BBY、トラウマはジェダイ・マスターハルジーパダワンノックスとともに惑星デヴァロンイーディット寺院を防衛した。共和国軍は分離主義勢力バトル・ドロイドの攻撃に耐え抜いたが、ダークサイドの戦士サヴァージ・オプレスが突如として戦場に現れ、両軍の兵士を蹴散らした。トラウマはこのナイトブラザーに殺され、イーディット寺院の共和国軍はジェダイも含めて全滅した。

歴史

生い立ち

他のクローン・トルーパーと同じく、“トラウマ”というニックネームの個体も賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子をもとに惑星カミーノで生み出された。共和国グランド・アーミーの一員として訓練を積んだトラウマは、やがてクローン・コマンダーの階級を与えられ、アドバンスト・レコン・フォース・トルーパー(ARFトルーパー)部隊の指揮官になった。

デヴァロンの戦い

20 BBYコマンダー・トラウマはコロニーズ領域の惑星デヴァロンに配属され、銀河共和国の前哨基地として利用されていたイーディット寺院独立星系連合ドロイド軍団から防衛した。トラウマはジェダイ・マスターハルジーや彼のパダワンノックスとともにARFチームを指揮し、寺院の手前に広がるバトル・ドロイドを撃退する。共和国軍は善戦しているかに思われたが、ドゥークー伯爵師事する暗殺者サヴァージ・オプレスの出現によって戦況が覆った。トラウマは部下に命じてオプレスを攻撃させたが、このダソミリアンザブラクは敵味方問わず次々と目の前の戦士をでなぎ倒し、トラウマも斬り殺した。イーディット聖堂にいたクローン兵士とジェダイはあっという間に全滅し、この事件は“デヴァロンの虐殺”と呼ばれるようになった。

個性と特徴

BattleAtTempleOfEedit-Monster

デヴァロンで戦うコマンダー・トラウマ

トラウマは人間の賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子から生み出されたクローンの1人で、身長は1.83メートルだった。トラウマは戦況を素早く判断して部下に指示をだすことができ、サヴァージ・オプレスとの戦いでもコマンダーとしての役割を果たした。戦闘中、オプレスの出現に気づいたトラウマは、即座にこの新たな脅威を排除するよう部下のトルーパーに指示した。しかし彼は部下とともに倒され、デヴァロンの虐殺と呼ばれる事件の犠牲者となった。

装備

デヴァロンに配属されていたとき、トラウマは緑と赤のマーキングが施されたARFトルーパー・アーマーを装着していた。また、彼はアーマーと同じカラーリングのポールドロンカーマを着用し、ベルトからホルスターを下げていた。彼は戦闘時にDC-15Aブラスターを使い、DC-17ハンド・ブラスターも携帯した。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。