Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「彼女の旦那が待ってるんだってさ。ガス巨星コル・アイベンの星系にあるトラスクっていう入り江の衛星で」
―“フロッグ・レディ”について、ペリ・モットー[出典]

タトゥイーンの任務の後、賞金稼ぎディン・ジャリンは“フロッグ・レディ”を惑星タトゥイーンから衛星トラスクまで運ぶ任務ペリ・モットーから託された。フロッグ・レディはトラスクにいる夫“フロッグ・マン”にを届ける必要があり、ジャリンは自分以外のマンダロリアンの居場所に関する情報と引き換えに、頼みを引き受けた。ハイパースペースでは卵が死んでしまうため、ジャリンの<レイザー・クレスト>は亜光速でトラスクを目指したが、途中で新共和国T-65B Xウイングと遭遇した。ジャリンは過去に新共和国刑務用輸送船襲撃に関与したことがあったため、近隣の惑星マルド・クレイスへ逃げ込み、新共和国軍パイロットの追跡を一度は振り切った。[3]

しかし<レイザー・クレスト>は地面の崩落に巻き込まれて氷の穴の底に落ち、故障してしまった。修理中、ジャリンとフロッグ・レディ、“ザ・チャイルド”は洞窟アイス・スパイダーと出くわし、<クレスト>の船内に逃げ戻った。彼らは大型のアイス・スパイダーに追い詰められたが、<クレスト>を再発見した新共和国パイロットのカーソン・テヴァトラッパー・ウルフがクリーチャーを撃退し、ジャリンの窮地を救った。彼らは<クレスト>の記録を調べ、ジャリンが過去に新共和国刑務局ダヴィン中尉を助けようとしたり、犯罪者3名の逮捕に貢献していたことを知り、彼を助けて見逃してやることにしたのである。その後、ジャリンは<クレスト>を飛べる状態まで修理し[3]、なんとかトラスクにたどり着いた。フロッグ・レディが夫と再会した後、ジャリンはこの星で、ボ=カターン・クライズ率いるナイト・アウルのマンダロリアンたちと出会った。[2]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。