Blue-exclamation-mark.png

この記事のタイトルはニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

公式設定で正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「生存者は私とトラッパーだけだ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

トラッパー(Trapper)は共和国グランド・アーミーに所属したアドバンスト・レコン・フォース・トルーパーのニックネーム。ジェダイ将軍メイス・ウィンドゥに付き従ってマラステアの戦いに参加した際、トラッパーはエレクトロ=プロトン爆弾が空けた穴の中でクローン兵士の生存者を捜索した。その後、トラッパーはオビ=ワン・ケノービ将軍クローン・コマンダーコーディが率いる第212突撃大隊に加わり、惑星ジオノーシスへ派遣される。トラッパーの乗るLAAT/iガンシップバッド・キティ>はジオノージアンに撃墜されたが、彼とケノービ将軍は墜落を生き延びた。

経歴

マラステア

「トラッパー、ポンズ、ホークアイ、一緒に来い!」
―メイス・ウィンドゥ[出典]

ジロ・ビーストと戦うトラッパー、ホークアイ、ポンズ、ウィンドゥ

トラッパーは共和国グランド・アーミークローン・トルーパーとして惑星カミーノで生み出された。クローン戦争中、彼はジェダイ将軍メイス・ウィンドゥの指揮下に入り、ダグ母星マラステア独立星系連合バトル・ドロイド軍団交戦する。銀河共和国はこの戦いで新型兵器エレクトロ=プロトン爆弾を使用したが、起爆時にマラステアの地面に大きな穴が空き、多数のクローン兵が飲み込まれてしまった。トラッパーはウィンドゥ将軍と共にLAAT/iガンシップに乗り込み、穴の中へ降下して生存者を捜索する。複数の生き残りを回収した後、ウィンドゥはクローン・コマンダーポンズホークアイ、トラッパーを引き連れて穴が空いた原因を探った。その時、彼らが地面だと思い込んでいたものが動き出し、マラステアの古代の巨獣ジロ・ビーストが姿を現した。ホークアイはジロ・ビーストとの戦いで命を落としたが、トラッパー、ポンズ、ウィンドゥはLAAT/iで穴から脱出した。

ジオノーシス

墜落を生き延びたケノービとトラッパー

クローン戦争の最初の戦場であるジオノーシスジオノージアンの反乱が起きた際、共和国軍は惑星の再征服作戦を開始した。トラッパーもオビ=ワン・ケノービ将軍クローン・マーシャル・コマンダーコーディが率いる第212突撃大隊のメンバーとして戦いに参加した。共和国軍の攻撃目標はポグル・ザ・レッサー大公が新たに建造した主要ドロイド工場だったが、工場を叩くためにはレイ・シールド発生装置を先に破壊する必要があった。共和国軍はケノービ、アナキン・スカイウォーカーキ=アディ=ムンディが率いる3隊に分かれ、シールド発生装置付近の再合流地点“ポイント・レイン”を目指したが、激しい対空砲火に苦しめられた。

ヴェネター級スター・デストロイヤーレゾリュート>から出撃した後、トラッパーたちが乗るLAAT/iガンシップ<バッド・キティ>もジオノージアンに撃墜され、砂漠地帯に不時着した。墜落の唯一の生き残りとなったケノービとトラッパーは、コーディが派遣したワックサーボイルによって救出され、AT-TEウォーカーの防衛網の中へ運ばれた。ケノービの部隊はしばらく厳しい消耗戦を強いられたが、やがてムンディやスカイウォーカー、BTL-B Yウイング・スターファイターの援軍が到着し、シールド発生装置の破壊に成功した。

個性と特徴

トラッパーはカミーノで生み出されたジャンゴ・フェットのクローンの1人で、身長は1.83メートルだった。

装備

マラステアの戦いに参加した際、トラッパーは標準的なフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを身に着け、DC-15Aブラスター・カービンを携帯した。第二次ジオノーシスの戦いでは、アドバンスト・レコン・フォース・トルーパー仕様の砂漠迷彩柄装甲服を装着した。この装甲服には第212突撃大隊を象徴するオレンジのマーキングが施されていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。