Wookieepedia
Advertisement

ジブ・ドジャー 「ああ、明らかにトラッキング・ビーコンだ」
トラッパー・ウルフ 「ガンシップを送り出そうとしているぞ」
サシュ・ケッター 「了解、任せて」
―ジブ・ドジャーとトラッパー・ウルフ、サシュ・ケッター[出典]

トラッパー・ウルフ(Trapper Wolf)は人間男性で、新共和国に仕えたスターファイターパイロットである。彼はT-65B Xウイング・スターファイター操縦し、サシュ・ケッタージブ・ドジャーらと同じ攻撃部隊に所属していた。9 ABY新共和国監獄船ミグズ・メイフェルド率いる傭兵チームによる攻撃を受け、トラッキング・ビーコンが発信された際、この3人のパイロットは新共和国の遭難信号の発信源に急行した。

ハイパースペースから抜けると、ウルフたちはランザー・マルクという名の犯罪者が運営する宇宙ステーションルーストからトラッキング・ビーコンが発信されていることを突き止めた。ウルフたちはこのステーションハンガーで攻撃態勢のガンシップが出撃準備中であることに気づき、これを敵対行動とみなして先制攻撃を開始した。3機のXウイングはハンガーのガンシップをレーザー砲で破壊し、宇宙ステーションにも大きなダメージを与えた。

経歴

「トラッキング・ビーコンの信号を捉えた」
「了解」
―トラッパー・ウルフとジブ・ドジャー[出典]

人間男性、トラッパー・ウルフは、新共和国スターファイター隊パイロットとして仕えていた。9 ABY当時、ウルフは仲間のパイロットジブ・ドジャーサシュ・ケッターらとともに、新共和国防衛軍攻撃部隊に所属していた。ウルフたちに与えられた役割のひとつに、新共和国のトラッキング・ビーコンが作動した際の原因調査があった。この新共和国監獄船ミグズ・メイフェルド率いる傭兵チームによる襲撃を受け、船内にいた新共和国軍兵士ラント・ダヴィンによってビーコンが起動された。傭兵たちの目的は、この囚人であるクインを救出することだった。しかし新共和国軍が監獄船に駆けつける前に、ビーコンは賞金稼ぎマンダロリアン”によって持ち出され、犯罪者ランザー・マルクが運営する宇宙ステーションルーストへ運ばれた。[1]

マルクの宇宙ステーションに接近するウルフ、ドジャー、ケッターのXウイング

ウルフたち3人はT-65B Xウイング・スターファイターに乗り込み、ビーコンの発信源に向かってハイパースペース・ジャンプした。宇宙ステーションの近くでハイパースペースを抜けた直後、ウルフたちはマルクとの用を終えたマンダロリアンの船<レイザー・クレスト>とすれ違った。ウルフたちは<クレスト>を無視してステーションに接近し、トラッキング・ビーコンの発信源がこの施設で間違いないことを確認した。その直後、ウルフはステーションのハンガーからガンシップの攻撃機が出撃しようとしていることに気づいた。ガンシップの標的は<レイザー・クレスト>だったが、Xウイング・パイロットはこれを自分たちへの敵対行為と受け取り、ハンガーに対してレーザー砲で先制攻撃を行った。またウルフたちは続けてステーション自体にも銃撃を行い、大きなダメージを与えた。これは新共和国のビーコンを悪用したマンダロリアンの策略であり、ウルフたちは知らず知らずのうちに、ランザー・マルクに対する攻撃の道具としてマンダロリアンに利用されていたのだった。[1]

人物

トラッパー・ウルフは白人種の人間男性で、茶色いひげを生やしていた。[1]

装備

Xウイング搭乗時、ウルフはオレンジ色のフライト・スーツと白いベスト、青いマーキングが施されたK-22995ヘルメットを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

トラッパー・ウルフは2019年12月13日に動画配信サービス Disney+ で配信開始した実写TVシリーズ『マンダロリアンシーズン1の『チャプター6:囚人』で初登場を果たした。演者はシリーズのプロデューサーであるデイヴ・フィローニ。フィローニは同じく本シリーズで監督を務めるデボラ・チョウリック・ファミュイワらと一緒に新共和国軍パイロットとしてカメオ出演を果たした。[1]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement