Fandom


トリスタン・レン(Tristan Wren)は人間男性で、ヴィズラ家レン氏族に属したマンダロリアン戦士である。彼は氏族の指導者アーサ・レン女伯爵の息子で、サビーヌという名の妹がいた。サビーヌが惑星マンダロア帝国アカデミーから逃亡した後、トリスタンは氏族の立場を守るため、やむを得ずガー・サクソン総督インペリアル・スーパー・コマンドーに加わった。2 BBY、サビーヌが惑星クローネストにあるレンの拠点に戻り、家族に反乱運動への参加を促した際、トリスタンは銀河帝国と家族、どちらにつくか決断を迫られた。彼は家族のために戦う道を選び、サビーヌ、反乱者たちフェン・ラウと協力してサクソンの部隊を破った

経歴

生い立ち

人間男性、トリスタン・レンはアルリックアーサ・レンの間に生まれた長男で、サビーヌという名の妹がいた。アーサ・レンはレン氏族を率いる女伯爵であり、息子のトリスタンもまたマンダロリアンの戦士だった。サビーヌが惑星マンダロア帝国アカデミーから逃亡した際、レン氏族銀河帝国ガー・サクソン総督から忠誠心を疑われた。その結果アルリック・レンは惑星マンダロアでサクソン総督の人質となり、トリスタンはインペリアル・スーパー・コマンドーへの加入を余儀なくされた。帝国時代、トリスタンは母親や氏族の戦士たちと共に、レンの拠点がある惑星クローネストで生活していた。

帝国との対立

2 BBY、トリスタン率いるレン氏族のパトロール部隊は、クローネストに侵入した反乱軍のシーシピード級シャトルファントムII>を迎撃した。トリスタンと部下たちはに墜落したシャトルを取り囲んだが、乗組員の1人がサビーヌであることに気付き、攻撃を中止した。スペクターズと呼ばれる反乱分子の一員になり、仲間たちとともに大規模な反乱軍を形成して帝国と戦っていたサビーヌは、氏族の戦士たちにも反乱運動に参加してほしいと願っていたのである。トリスタンは久しぶりに再会した妹と、その仲間のジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスパダワンエズラ・ブリッジャーを氏族の拠点へと案内した。トリスタンは気づかなかったが、反乱者たちはシャトルの中にジャーニーマン・プロテクターフェン・ラウドロイドチョッパーを待機させていた。

アーサと再会したサビーヌは、兄やほかの戦士たちが見ている前でダークセーバーを起動して見せた。このライトセーバーは古来よりヴィズラ家の指導者の所有物で、マンダロアの統一の象徴だった。その後、トリスタンはアーサとサビーヌが一対一で会話していたところへ割って入り、マンダロアの首都サンダーリにいるサクソン総督からアーサへ連絡が入ったことを伝えた。アーサがホログラム通話のため自室に戻ると、トリスタンは妹を剣術のスパーリングに誘う。試合中、サビーヌは自分のことを裏切り者だと思っているかと兄に尋ねた。トリスタンはそうは思わないと答えたが、彼女のせいで他の氏族から疑いの目を向けられ、父親や地位を奪われることになったと告げた。その後トリスタンは、母親が娘を救うために反乱者たちをサクソン総督に差し出そうとしていることを明かした。

Tristan Wren DB

サクソンにブラスターを向けるトリスタン

トリスタンは訓練室から去っていったサビーヌを追い、大広間に入った。そこでは反乱者たちがレン氏族の戦士に取り囲まれており、スーパー・コマンドーを率いるサクソン総督もすでに拠点に到着していた。アーサが総督にダークセーバーを差し出すと、サビーヌは母親の決断に抗議したが、トリスタンはこれが最善の選択なのだと妹をいさめた。しかし、サクソンはアーサとの取り引きを破り、反乱者たちと“共謀”した罪でレン氏族を処刑すると言い放った。サクソンはトリスタンの抗議を無視し、自分の側に留まるか、家族と共に死ぬかふたつにひとつの選択を迫った。トリスタンは家族のために戦う道を選び、サクソンやスーパー・コマンドーにブラスター・ピストルを向けた。

戦いが始まる直前、フェン・ラウが大広間に姿を現し、アーサの部屋から回収したライトセーバーをケイナンやエズラに投げ渡した。トリスタンとレン氏族の戦士は、反乱者のジェダイやラウと力を合わせ、サクソン総督のスーパー・コマンドーを撃退する。サビーヌとサクソンは拠点の近くにある氷結した湖の上で一対一の対決に臨んだ。トリスタンたちが見守る中、サビーヌはサクソンを破ってダークセーバーを奪回する。決闘に敗れたサクソンが卑怯な方法でサビーヌを殺そうとしたため、アーサが一瞬早くブラスターを抜き、敗北者にとどめを刺した。その後、反乱者たちは<ファントムII>でクローネストから去っていったが、サビーヌとラウは惑星に留まり、トリスタンたちとともにマンダロア再建に向けた活動を開始することになった。

個性と特徴

トリスタン・レンは人間の男性で、髪は黒く、目は茶だった。マンダロリアンの家系に生まれたトリスタンは、有能だが葛藤を抱えた戦士だった。彼は家族を愛していたが、帝国アカデミーから逃亡して反乱軍に加わった妹の決断に対し、複雑な感情を抱いていた。トリスタンはレン氏族に忠実で、家族を守るためにインペリアル・スーパー・コマンドーに加わった。立場上は帝国のメンバーだったにも拘わらず、トリスタンは妹と良好な関係を保ち、愛情と敬意をもって彼女に接していた。ガー・サクソンから家族の処刑を命じられた際、トリスタンは帝国を捨てて家族の側に立ち、反乱者たちと協力してスーパー・コマンドーを破った。

力と能力

優れたマンダロリアン戦士だったトリスタン・レンは、ブラスタージェットパックを駆使して戦い、剣術の心得もあった。また、彼は戦闘時に白いマンダロリアン・アーマーを身に着けた。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。