Fandom


Vader's revelation

わたしがお前の父親なのだ!

警告! このページにはStar Wars ジェダイ:フォールン・オーダーからの大きなネタバレ情報があります。ご注意ください。

「あなたを心から憎んでいたわ」
シア・ジュンダに対し、トリラ・スドゥリ[出典]

トリラ・スドゥリ(Trilla Suduri)、別名セカンド・シスター(Second Sister)は人間女性で、銀河帝国に仕えた尋問官である。銀河共和国時代の末期、彼女はジェダイパダワンとしてジェダイ・ナイトシア・ジュンダに師事していた。クローン戦争終結時にオーダー66が発令された際、トリラは幼いジェダイ・イニシエイトたちを連れて身を隠した。しかし、トリラたちを逃がすため1人で敵に立ち向かったシアは、帝国の捕虜となって拷問を受け、弟子が隠れている場所を漏らしてしまった。トリラは師匠の裏切りと過酷な拷問によってフォースダークサイドに転向し、尋問官セカンド・シスターとなった。一方、シアは弟子の転向に絶望し、自らもダークサイドの力を使って拘束を免れ、帝国から逃げ出した。それ以来、セカンド・シスターは仲間の尋問官やパージ・トルーパーとともに、粛清を生き延びたジェダイを狩り出すハンターとしての任務にあたった。[1]

14 BBY、セカンド・シスターはナインス・シスターとともに惑星ブラッカへ旅し、ジェダイの活動に関する調査を行った。彼女が解体ギルドのメンバーであるプラウフを殺すと、その友人であるジェダイの生存者カル・ケスティスは自ら正体を現し、シアの助けを借りてブラッカから逃げ去った。のちにゼフォでカルと再会した際、セカンド・シスターはヘルメットを脱いで素顔を見せ、自分がかつてシアのパダワンだったことを彼に明かした。彼女は自分がシアに見捨てられたように、カルもいずれ裏切られることになるだろうと警告した。のちにセカンド・シスターはボガーノでカルと再戦し、カルやシアが探し求めていた、銀河中の幼いフォース感応者のリストを記録したホロクロンを強奪する。しかし彼らはナーにある尋問官の要塞に姿を現し、セカンド・シスターを破った。シアはかつての弟子トリラをダークサイドから引き戻すため説得を試みたが、シス卿ダース・ヴェイダーが現れたため失敗に終わった。これからヴェイダーに殺されることを悟ったトリラは、自分の仇をとってほしいとシアたちに頼んだ後、ライトセーバーに貫かれて命を落とした。[1]

制作の舞台裏

Second Sister HS JFO

セカンド・シスター

セカンド・シスターは2019年11月15日発売のゲーム『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』のために作り出されたキャラクターである。[3] ゲーム発売に先立ち、2018年8月8日発売の正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産 #19』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。[2] またセカンド・シスターという名称は2018年12月6日にスペインで発売された設定資料集『Star Wars: The Dark Side』(トリシア・バー著)で判明した。トリラ・スドゥリという本名は『ジェダイ:フォールン・オーダー』で判明。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。