「トレースの宇宙飛行は夢の域を出ていないのよ」
ラファ・マルテス[出典]

トレース・マルテス(Trace Martez)は人間女性で、銀河共和国時代末期に惑星コルサントレベル1313に住んでいたメカニックパイロット。トレースとラファ・マルテスは、ズィロ・ザ・ハット脱獄事件で両親を失い、孤児になった。それ以来、トレースはクローン戦争の戦火が及ばない遠く離れた場所へ旅することを夢見ながら、両親が遺したハンガーを使って修理屋を営み、こつこつ貯めたネビュラ級貨物船シルヴァー・エンジェル>を組み立てた。19 BBY、元ジェダイパダワンアソーカ・タノスピーダー・バイクの故障でトレースの修理屋に流れ着いた。トレースはバイクの修理を手伝い、タノもまた、ラファの借金取りピントゥ・ソン=エルの子分たちからトレースを救った。2人はすぐに親しくなり、ラファがロカンから請け負った、危険なタイプIIロードリフター・ドロイドの組み立て仕事を協力してやってのけた。

その後トレースはタノと一緒にラファの仕事に同行し、<シルヴァー・エンジェル>を操縦して初めてハイパースペースを旅するチャンスを掴んだ。彼女たちは惑星ケッセルへ旅してヤルバ王室キナシュ・ロックと会談し、貨物のスパイスを引き受けた。ところが、目的地のオバ・ダイアへ旅しているとき、届け先のパイク・シンジケートが恐ろしいギャングであることを知ったトレースは、自分のが奪われることを恐れて混乱し、スパイスをハイパースペースに投棄してしまった。彼女たちはパイクマーグ・クリムを騙して報酬だけ持ち逃げしようとしたが失敗し、パイク宮殿に囚われ、尋問を受けた。脱出の試みが一度失敗した後、タノはなんとかクリムを説得し、マルテス姉妹だけオバ・ダイアから逃がした。しかしトレースとラファはタノを救うためパイクの宮殿に舞い戻り、彼女を連れて3人でオバ・ダイアから逃げ去った。コルサントに戻った後、タノはトレースにバイクを預け、別れを告げた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。