類似した名称の記事はナー(曖昧さ回避)を参照

トワイロープ・ナー(Twylope Nur)はモーセニアン男性で、レジスタンスに仕えた野戦衛生兵である。ナーは生まれ持って備えた防衛反応によって体から発せられる匂いを嗅ぎ分けられるため、素早く患者を診断することができた。35 ABY、ナーは衛星エイジャン・クロスレジスタンス基地に配属され、YT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>がシンタ・グレイシャー・コロニー任務から帰還した時もその場に居合わせた。

経歴

モーセニアン男性、トワイロープ・ナーはファースト・オーダー戦争を繰り広げるレジスタンスのメンバーであり、戦場の衛生兵を務めていた。支援要員の一員である彼は[1]ジャングル衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に配属されていた。[2]

35 ABYポー・ダメロン操縦するYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>がシンタ・グレイシャー・コロニーでの情報収集任務から戻ってきた際、ナーは基地に居合わせた。この軽貨物船は甚大なダメージを負ってを上げており、ナーをはじめとするレジスタンスのメンバーは消火クルーを手助けするため船に急いだ。他の者たちが消火に取り組むあいだ、ナーは船の前でひざまずいて作業にあたった。[2]

個性と特徴

トワイロープ・ナーは男性のモーセニアンで、肌はクリームは黒く、体は白いに覆われていた。ナーは気立ての良い性格で、衛生兵としての仕事にぴったりな、繊細な嗅覚受容器官が並ぶを備えていた。生まれつきの防衛反応により、彼は病気やけがなど、患者の体から発せられる匂いを嗅ぎ分けられるため、素早く性格に診断を行い、適切な治療を施すことができた。[1]

装備

ナーはレジスタンスの紋章が入った茶色いチュニックと白いシャツ、茶色のベルトを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

トワイロープ・ナーは2019年公開のシークエル・トリロジー第3作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』に登場するキャラクターである。[2] 名称は設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。