Fandom


SWResistanceLogo

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは『スター・ウォーズ レジスタンス』のネタバレ情報を含みます。

トーラ・ドーザ(Torra Doza)は人間女性で、新共和国時代にコロッサス・ステーションに住んでいたパイロットである。コロッサスの運営者である父親、キャプテンイマニュエル・ドーザとともにステーションの上層階で暮らしていた。

冷戦の時代、トーラは自分の性格やレース・テクニックに合わせてさまざまな改良が施された最先端のスターシップ、<ブルー・エース>の操縦士を担当していた。トーラはコロッサスの防衛を担うスターファイター部隊“エース中隊”の一員であり、銀河系で最も優れたパイロットたちと肩を並べて空を飛んだ。ステーションでレース大会が開かれた際、トーラはチーム・ファイアボールに所属するレジスタンススパイカズーダ・ジオノと腕を競った。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。