「何年も待ち続け、正直諦めかけていました」
オビ=ワン・ケノービに対し、トーン・ウィー[出典]

トーン・ウィー(Taun We)はカミーノアン女性で、ラマ・スー首相の行政補佐官クローン戦争勃発直前、惑星カミーノティポカ・シティジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービを出迎えた。この時、ウィーたちカミーノアンはジェダイ・マスターサイフォ=ディアスが発注したクローン軍団を既に完成させており、ジェダイの訪問を待ちわびていた。彼女はケノービにスー首相やクローンの遺伝子提供者である賞金稼ぎジャンゴ・フェットを紹介した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。