Wookieepedia
Advertisement
この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

ドゥークー:ジェダイ・ロスト』(原題:Dooku: Jedi Lost)は2019年4月30日Random House Audio から発売された正史のオーディオブック。キャヴァン・スコット著。アサージ・ヴェントレスの目線から、ドゥークージェダイ・オーダー脱退するまでの過去を深く掘り下げる内容となっている。2019年10月1日にはデル・レイ社からオーディオブックのスクリプト版も発売され、音声だけでは明確ではなかった一部固有名詞のスペルなども判明した。

出版社による作品紹介

ダース・タイラナスセレノーの伯爵分離主義勢力の指導者。暗闇に光る赤い刃。しかし、シスの右腕になる前の彼は何者だったのか? ドゥークーが新しい弟子をとったことで、シス卿の隠された真実が明るみに出始める。

ドゥークーの人生は、祖先の遺骨が埋葬された“葬儀の月”を仰ぎ見る、石壁に囲まれた特権階級の一族の領土から始まった。しかしジェダイの能力が明らかになると、彼はすぐに生家から追い出され、伝説的なマスター・ヨーダのもとでフォースの訓練を積むことになった。

力を磨き、階級を上り詰めるあいだ、ドゥークーは仲間のジェダイ・サイフォ=ディアスと親しくなり、将来有望なクワイ=ガン・ジンを自らのパダワンとした。そしてかつての人生は忘れようと努めた。しかし彼はいつしか、ジェダイ・マスター・リーン・コスタナと彼女の任務――ジェダイ史上最も強力な敵の帰還に備え、シスの遺物を見つけて研究する――に惹かれていった。

ジェダイの世界、失われた故郷への責任、そして遺物の魅惑的な力のあいだに囚われたドゥークーは、彼を包み込もうとする闇の中で、なんとか光のなかに留まろうとと奮闘する。[1]

(出版社公式サイトから翻訳)

カバー・ギャラリー

登場人物・用語

テーマ別目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

  • ベータ・フライ (言及のみ)
  • 鳥類
  • ブラッターボーン (初言及) (回想シーン)
  • ブラッドヴァイパー (初言及)
  • クリープマイス (初言及) (回想シーン)
  • デューバック (言及のみ) (回想シーン)
  • イヌ (言及のみ)
    • アック・ドッグ (言及のみ) (回想シーン)
  • ギル=ゴート (言及のみ) (回想シーン)
  • ハッパボア (言及のみ) (回想シーン)
  • ホーク=バット (言及のみ) (回想シーン)
  • フナネター (初言及) (回想シーン)
  • マロソー (言及のみ) (回想シーン)
  • ネズミ
  • マイノック (言及のみ) (回想シーン)
  • ネームレス (言及のみ)
  • パーギル (言及のみ)
  • シャク (言及のみ) (回想シーン)
  • サメ (言及のみ) (回想シーン)
  • シス・ウォービースト (初言及) (回想シーン)
    • クラステナン (初言及) (回想シーン)
    • シルース (初言及) (回想シーン)
    • トゥーカータ (初言及) (回想シーン)
    • ヴィーアガンダーク (初言及) (回想シーン)
  • スライム=ノーム (初言及) (回想シーン)
  • ナメクジ (言及のみ) (回想シーン)
    • ブレイン=スラッグ (言及のみ) (回想シーン)
    • デュラクリート・スラッグ (言及のみ) (回想シーン)
  • スパイクバット
  • ヴァルコス (初言及) (回想シーン)
  • オオカミ (言及のみ) (回想シーン)
  • スティンク=フライ
  • ティラタカ (初登場) (回想シーン)
  • ワンパ (言及のみ) (回想シーン)
  • クジラ (言及のみ)

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

脚注

外部リンク

Advertisement