Fandom


ドウーティン(Dowutin)は惑星ドウートに起源を持つ巨体の知覚種族である。群れで行動する雑食のクリーチャーから進化したドウーティンは、祖先の名残である2本の角を顎に備えていた。巨体と怪力を備えたドウーティンは用心棒としての需要が高かったが、彼らは他の種族の指揮下につくことを好まなかったため、需要に応える者は少なかった。

生態と特徴

ドウーティンは丈夫なと怒りっぽい気質で知られる巨体の知覚種族である。彼らは群れで行動する雑食のクリーチャーから進化を遂げ、鋭い指の爪と、顎に生えた2本の角は祖先の名残だった。彼らの祖先は、惑星ドウートの氷結した大地の下から塊茎や昆虫の巣、冬ごもりしているフィークといった食料を探す際に、この爪と角を使っていたのである。ドウーティンは視界が狭いが、極めて優れた聴覚と鋭い嗅覚を備えていた。またドウーティンの寿命は長く、成長が止まることもなかった。彼らは5世紀もすると筋肉隆々の体にふくれあがり、とどろき渡るような足音と低い唸り声で他種族を威嚇して道を開かせた。[5]

歴史

巨体と怪力を備えたドウーティンは、用心棒の仕事を請われることが多かった。しかしドウーティンは他の種族を自分たちが仕えるに値しない弱虫、軟弱者とみなしていたため仕事を引き受けることは稀で、ほとんどのドウーティンは一匹狼の仕事を好んだ。[5] にもかかわらず、銀河内戦では一部のドウーティンが傭兵として銀河帝国および反乱同盟両陣営の戦力に加わっていた。この傭兵たちはドウーティン・ハンターと呼ばれ、確実に仕事をこなすためサーマル・デトネーター改造スターファイター・ブラスターを携行していた。[1]

銀河系におけるドウーティン

銀河帝国の敗北後、グラムガーという名のドウーティンが猛獣ハンター兼傭兵として活動した。エンドアの戦いの30年後、グラムガーは惑星タコダナにあるマズ・カナタ古城にたむろしていた。[9]

登場エピソード

Dowutin full body

ドウーティン

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。