Fandom


ドク=オンダー(Dok-Ondar)はアイソリアン男性であり、惑星バトゥーブラック・スパイア・アウトポストで古物屋デン・オブ・アンティークを営んでいた収集家である。彼は適正な値段を払いさえすれば、どんな宝でも取引すると噂されていた。10 BBY、若きハン・ソロトバイアス・ベケットヨットファースト・ライト>でクリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスと対面した時、ドク=オンダーもこの船に乗り合わせていた。ヴォスの副官であるキーラは、ドク=オンダーへの対応が丁寧に行われるよう気を配り、給仕係のオッティリーに声をかけた。

制作の舞台裏

ドク=オンダーは2019年オープンのテーマ・パーク『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』に登場するキャラクターであり、園内にあるストア「デン・オブ・アンティーク」の経営者という設定である。2017年7月16日、D23 Expo で行われたウォルト・ディズニー・パーク・アンド・リゾートに関する発表で初めてその存在が明かされた。セレブレーション・シカゴではドク=オンダーの胸像が展示された。ドク=オンダーはアニマトロニクスのキャラクターとして実際に『ギャラクシーズ・エッジ』園内のストアの店頭に立ち、接客を行っている。

またスター・ウォーズ正史の作品で最初にドク=オンダーに言及したのは2018年公開のアンソロジー映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』である。その後、ドク=オンダーはコミックスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ コミック版』で初登場を果たした。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。