Fandom


ドラゴンスネーク・ボグ(Dragonsnake Bog)は惑星ダゴバにあった薄暗い沼地。巨大なヘビのような体を持つ危険なクリーチャー、ドラゴンスネークにちなんで名づけられていたが、この沼地の名前を知っていたのはおそらくヨーダ1人だけである。ダゴバで隠遁生活を送ったヨーダは、ドラゴンスネーク・ボグの近くに建てたグナールツリー小屋で生活を送った。

ホスの戦いの直後、ダゴバを訪れたルーク・スカイウォーカーXウイングでドラゴンスネーク・ボグに不時着した。彼のアストロメク・ドロイドR2-D2はドラゴンスネークに飲み込まれて沼に引きずり込まれたが、すぐに近くのジャングルへ吐き出された。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。