正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

「ご存じないかもしれませんが、お客さん、ドラックンウェルはトレード・フェデレーションに忠誠を誓っているんですよ。それに、ひょっとしてこれも気づいておられないかもしれませんが、トレード・フェデレーションとわたしたちは、現在戦っている最中です」
―ドラックンウェル出身のジェイ・マラクに対し、チャンセラー・パルパティーン宇宙港女性スタッフ[出典]

ドラックンウェル[1](Druckenwell)は、ミッド・リムドールデュア宙域に属し、コレリアン・ラン上に位置した工業惑星。ドラックンウェルはトレード・フェデレーションに忠誠を誓い、クローン大戦では独立星系連合に組していた。ドラックンウェル・シップヤード社の本拠地で、ブラステック・インダストリーズ社の武器製造工場が存在したことでも知られた。

特徴

惑星ドラックンウェルは、ミッド・リムドールデュア宙域ドラックンウェル星系に属した。この過密な都市惑星はコーポレート・ギルドによって支配され、ドラックンウェルの複数の巨大都市や工業地区は広大な海によって分断されていた。惑星の利用可能な陸地の大半は、すでに開発が終わっていた。そのためドラックンウェルでは汚染の危険性を軽減し、惑星に残されていた数少ない資源を守るための措置が取られていた。ドラックンウェルの93億人の居住者は、ほとんどが大企業の労働者で、人口過密の大都市に住んでいた。

ドラックンウェルの都市は、社会と企業の秩序のもとに計画されていた。都市は肉体労働者の地区、ビジネス・オフィス、工業地区、少数の娯楽パーク、庭園、企業エリート用の地区など、労働者の異なる階級ごとに特定のゾーンがつくられていた。ドラックンウェルの住民は、経済的に独立して生きていけることを証明するまで、法的に結婚することを許されなかった。ドラックンウェルの首都イル・アヴァリにはハッピーズ・ランディング・タヴァーンとイアット・アーマメント社の施設があった。この施設では、ストームトルーパーアーマーブラスター攻撃から保護するための個人用シールド装置が開発されていた。闇市場のアサシン・ドロイドの部品を製造したSGIシステムズ社も、ドラックンウェルにオフィスを置いていた。

歴史

クローン大戦

クローン大戦中、ドラックンウェルはトレード・フェデレーションに忠誠を誓っていた。そのため大戦では独立星系連合に組し、銀河共和国と対立した。ジェダイ・マスタージェイ・マラクはドラックンウェルの出身者だったため、コルサントチャンセラー・パルパティーン宇宙港から旅に出る際、共和国に忠実な市民であることを証明するのに苦労した。

帝国による支配

共和国再建のための同盟が設立されて間もない頃、ラーム・コタジュノ・エクリプスは協力して銀河帝国支配下のドラックンウェルに攻撃を行った。これは一連のヒット・アンド・ラン戦法の攻撃のひとつで、ドラックンウェルの他にもクワットセロニアケイト・ニモーディアも標的にされていた。

ヤヴィンの戦いの直前、帝国のモフアイゼン・ケリオスがエネルギー・シールドが彼自身の発明によるものだと主張しようとしたとき、ティニアン・イアット(イアット社の若き後継者)はトゥウィリット・ハースのミュージカル・バンドの助けを借り、シールド装置の部品を持ち出してドラックンウェルから逃げ出した。ティニアンの恋人デイ・アズー=ジャミンは、帝国の侵入者もろともイアット・アーマメント社の施設を破壊することに成功したが、その途中で危うく命を落としかけた。ヤヴィンの戦いの後、帝国の役人はSGIシステムズ社と複数のドロイド製造企業を国営化し、彼らにミッド・リムのドロイド・マーケットの支配権を与えた。

4 ABYまでに、ドラックンウェルは帝国の要塞惑星になっていた。

その後の歴史

ユージャン・ヴォング戦争中、ドラックンウェルは侵略者ユージャン・ヴォングによって征服された。民衆は侵略者にほとんど抵抗することができず、強制収容所に入れられた。惑星がユージャン・ヴォングにテラフォーミングされる中、住民は彼らのために食料を育てた。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではドラッケンウェル

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒の会合』による。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。