Fandom


ドリラー・マーダップ(Driller MarDapp)は人間男性で、帝国時代ハイヤー・スカイズ権利擁護団体の代表を務めていた政治活動家である。彼は“ナイトスワン”率いるスパイ・ネットワークに所属しており、銀河帝国の上層部に関する情報収集を行っていた。彼の友人であるジュアヒア・マドラスもまた、元老院議員ボディガードを育成するインチョム道場にインストラクターとして潜り込んでいた。ドリラーとジュアヒアは共通の友人であるアリンダ・プライスを権利擁護団体に引き込み、何も知らない彼女を諜報活動に参加させていた。しかし最終的に陰謀の存在を知ったアリンダは友人たちを見捨て、権利擁護団体の情報を帝国に提供することで出世のチャンスを掴んだ。ドリラーとジュアヒアは帝国保安局に逮捕され、アリンダは故郷ロザル総督の地位を手に入れる。[1]

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。