Fandom


ドルー・ヴァラン(Dru Valan)は人間男性であり、もともとフェル帝国に仕えていた帝国宇宙軍提督である。シス=帝国戦争中、彼はカーマスにおいて銀河同盟ガー・スタージ提督を逃がさないようにする役目を負わされた。しかし、ヴァランはスタージを過小評価し、彼が逃げるのを阻止できなかった。その後、ヴァランはワン・シスが帝国の支配権を強奪したとき、この新しいシスの帝国の側についた。

137 ABY、ヴァランはアウター・リム第3艦隊の司令官となり、スタージを殺して銀河同盟残存勢力を撃破する任務に就いた。新型スター・デストロイヤーを餌に使い、ヴァランはスタージの艦隊をにかけようと企んだ。しかし銀河同盟はスター・デストロイヤーを拿捕して罠を逃れ、再び過ちを犯したヴァランは、自殺を決意する。

経歴

カーマスでの失敗

130 ABY、ヴァラン提督はカーマスの戦いに参加した。ピアース・ペタン少将の指揮下にある銀河連合自由同盟が降伏したとき、ガー・スタージ提督は戦場を逃れて帝国と戦い続ける決心をした。モーリッシュ・ヴィード大提督は公然な反抗を示すスタージの艦隊を破壊するため、その脱出を阻止するようにヴァランに命じた。しかしヴァランはスタージを過小評価してしまう。この銀河同盟の提督はスペーサーハイパースペース・ルートを使用して脱出した。ヴァランはスタージの脱出の責任を非難された。ヴァランはシスが帝国を支配したとき、ダース・クレイトの側につくことを選ぶ。

アウター・リム第3艦隊

130 ABYから137 ABYの間のあるとき、彼はアウター・リム第3艦隊シャ・ダンの指揮下に配置された(おそらく、この配置はカーマスでスタージの脱出を阻止できなかったことに対する罰であると思われる)。しかし、シス卿ダース・アザードがスタージの帝国への攻撃を止められなかったことでケル・ドアのシャ・ダンを処刑すると、ヴァランが艦隊の指揮官となり、スタージを殺す役目を与えられた。ヒューマン・ハイ・カルチャーを信じるヴァラン提督は、彼の部下が“ベストのみ”になるよう、副司令官エイリアンの乗組員を艦隊から異動させるよう命じた。彼は前任者が抹殺された後、このケル・ドアの呼吸マスクを足で破壊する。

ペレオン級スター・デストロイヤーリレントレス>を指揮する立場になり、ヴァラン提督は造船所のインペリアス級スター・デストロイヤーインペリアス>を餌に使って、スタージを罠にかけようと企んだ。スタージの戦術を分析し、彼は「同盟軍の提督は戦略的な思考をできない」と仮定する。彼はニフラという名の女性のトイダリアンから、ギアル・ガーンであるローグ中隊隊員を造船所で見たという報告を受けた。ヴァランは、カーマスでスタージを取り逃がしたという失敗の埋め合わせを間もなく出来ると革新する。

さらなる失敗

数日後、スタージの艦隊が<インペリアス>を拿捕するため星系にジャンプした。この時、ギアル・ガーンは造船所の防衛力を無力化しようとして逮捕され、ストームトルーパーは<インペリアス>を制圧したスタージの兵士たちを倒した。ヴァランの艦隊が星系に到着したとき、ヴァランの目にはスタージの艦隊が造船所と帝国艦隊のあいだで、そのような罠にかかったように映った。

しかしスタージは自身のを仕掛けることで、ヴァランの罠に備えていた。

実際には、モニア・ガーンは造船所の自動防衛に帝国艦隊を攻撃させるためハッキングを行い、同盟艦隊と造船所の火力はヴァランの艦隊に大きな損害を与えた。さらには、<インペリアス>を再制圧したストームトルーパーの正体は銀河同盟兵士だった。彼らはこのアドバンスト・スター・デストロイヤーをハイジャックし同盟軍の基地のひとつへと持ち去った。

裏をかかれたヴァランは、スタージを殺してレムナントを弱体化させるため、<インドミタブル>を攻撃するよう命じる。しかし<インドミタブル>が攻撃を受けるうちに、同盟艦隊の残りは脱出した。スタージが<インドミタブル>から移動した後、ジャイウス・ヨルブ艦長がこの艦を操縦してモン・カラマリ造船所に突撃し、その3分の1を破壊した。

戦いが終わり、<インペリアス>は敵のものとなり、スタージは逃れ、モン・カラマリ造船所は大きな損害を負い、ヴァランの艦隊は破壊されていた。敗北を喫したヴァランは自分の部屋へと戻り、コレクションのブラスター・ピストルを使って自殺したと思われる。

個性と特徴

当時帝国軍がエイリアンが人間と共に軍に仕えることを許容していた時代だったにも関わらず、ドルー・ヴァランは人間がエイリアンよりも優れていると信じる人間至上主義者だった。このことは、彼がアウター・リム第3艦隊に司令官になった後、全ての非人間種族を退け人間の乗組員と交代させたことからも伺える。

ヴァランはガー・スタージ提督に裏をかかれたことがあるため、この銀河同盟の提督を恨んでいた。彼のスタージへの復讐心は彼を大勢に対し盲目的にさせていた。彼がダックで同盟軍を“罠にかけた”とき、彼はスタージに集中しすぎ、残りの艦隊が脱出するのを許してしまった。

登場エピソード

  • Star Wars: Legacy: Indomitable (初登場)
  • Star Wars: Legacy 22: The Wrath of the Dragon (言及のみ)
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。